車泥棒で逮捕された女、手錠をはずしてパトカーで逃走(米)

4月4日(水)13時6分 Techinsight

車泥棒の女、パトカーも奪って逃走(画像は『KFOR.com 2018年3月31日付「Tulsa police say cuffed woman allegedly steals police car」』のスクリーンショット)

写真を拡大

身長2メートルを超える大変な巨漢から小柄な女まで、犯人は人種も骨格も様々というアメリカ。極めて細く手をすぼめることができる女性なら、手錠から手を引き抜くことも場合によっては可能なのであろう。米オクラホマ州から珍事件の話題が飛び込んできた。

オクラホマ州警察が先月30日に発表した内容をもとに『Tulsa World』や『KFOR.com』が伝えたところによれば、同州で最近、あろうことか逃走が目的で警察のパトカーが盗まれていたもようだ。容疑者はアンジー・リン・フロストという36歳の女。タルサの3000 S Memorial Driveで盗難車とみられるMazda3(日本名:アクセラ)を運転しているところを警察に呼び止められ、「友人から借りた」などと嘘をついて逮捕された。

ところが警察官が盗難車両について色々と調べている間、パトカーの後部座席でフロストは手錠から手を抜くことに成功。運転席に移動すると、あっという間に発進させて現場から逃げた。ほかのパトカーにより8100 E 41st Stまで追いつめられると、フロストは自分が運転してきたパトカーを飛び降り、走って逃げようとする往生際の悪さであったが、数分もなく捕まって再び手錠をはめられた。

フロストの身柄はタルサ郡拘置所に送られ、保釈保証金は2,000ドルと設定された。起訴にあたっては車両の窃盗と運転免許停止処分中の違法な運転、公務執行妨害、逃走、パトカーの盗難と不正使用、危険運転など罪状は多岐にわたるもようだ。

画像は『KFOR.com 2018年3月31日付「Tulsa police say cuffed woman allegedly steals police car」』のスクリーンショット

Techinsight

「手錠」をもっと詳しく

「手錠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ