日系車が安全テストで高得点を取る理由? それを今から教えてやろう=中国

4月6日(火)9時12分 サーチナ

自動車の衝突安全テストは世界各国で行われているが、日系車はどこでも高い評価を得ている。この結果は、一部の中国人からすると「意外に思える」というが、これは一体なぜなのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 自動車の衝突安全テストは世界各国で行われているが、日系車はどこでも高い評価を得ている。この結果は、一部の中国人からすると「意外に思える」というが、これは一体なぜなのだろうか。

 中国メディアの百家号はこのほど、「日系車はボディの鋼板が薄くてすぐにつぶれるのに、なぜ衝突安全試験では高得点なのか」と題する記事を掲載した。

 「日系車はボディの鋼板が薄い」というのは、中国国内で広く伝わっている日系車に対する誤ったイメージだ。中国人の感覚からすると、「薄くてすぐにつぶれる車は危険」と思えるようだが、衝突安全テストの結果はその概念を覆すものとなっている。

 この理由について記事は、「衝突安全テストの得点と外観の損傷程度は関係がない」と指摘。衝突テストでは、車内の人間を保護する能力が問われているからで、衝突時のボディの変形は評価に影響しないと説明した。

 多くの中国人は、自転車にぶつかっただけで日系車はバンパーが大きくへこむため「安全ではない」との誤ったイメージを持つが、実際にはバンパーが変形することと車内の安全とは関係がないと紹介。むしろ、バンパーがへこむおかげで衝撃を吸収でき、ダメージを軽減できていると指摘した。

 さらに、ボディが大きく変形するのは「衝突時の衝撃を吸収しているからだ」と説明。大きく変形したボディを見ると驚いてしまうが、衝撃吸収力が高いから車内の人間の安全を確保できるのであり、実際には衝撃を吸収するボディは日系車だけでなく他の国のメーカーでも採用していると指摘した。日本では、衝突安全ボディはもはや常識ともいえることだが、中国ではまだ正しい理解が進んでいないようで、このような記事を通して誤解を解く必要があるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「日系車」をもっと詳しく

「日系車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ