ドゥテルテ大統領、中国に警告「パグアサ島から手を引かない場合、自爆部隊送る」—仏メディア

4月7日(日)11時40分 Record China

フィリピンが実効支配する南シナ海のパグアサ島周辺でこの数カ月、中国船数百隻の存在が確認された問題をめぐり、ドゥテルテ大統領が4日、中国に警告を発した。

写真を拡大

2019年4月6日、仏RFIの中国語版サイトは、フィリピンが実効支配する南シナ海のパグアサ島周辺でこの数カ月、中国船数百隻の存在が確認された問題をめぐり、ドゥテルテ大統領が4日、中国に警告を発したと報じた。

AFP通信の5日付報道を引用して伝えたところによると、ドゥテルテ大統領は4日、中国に対し「パグアサ島に手を出してはならない」と強調した上で、「島から手を引かない場合は自爆任務を担う部隊を送り込むことも辞さない」と警告した。

記事によると、この問題をめぐっては、フィリピン軍が今週、今年に入り数百隻に上る中国の海警船や漁船がパグアサ島周辺に現れていると警告。同国外務省も先日、島周辺での中国船の航行が「違法」であり「フィリピンの主権を明確に侵害している」と非難していた。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ