人気女優のファンの医大生、献体写真をアンチファンに送り嫌がらせ?大学が詳細を報告

4月7日(日)19時0分 Record China

5日、中国の貴州医科大学は、人気女優ヤン・ミーのアンチファンに遺体の写真を送りつけた学生について、学則に沿って処分を行うことを発表した。写真はヤン・ミー。

写真を拡大

2019年4月5日、中国の貴州医科大学は、人気女優ヤン・ミー(楊冪)のアンチファンに遺体の写真を送りつけた学生について、学則に沿って処分を行うことを発表した。

騒動の発端は、ドラマ「永遠の桃花〜三生三世」などで知られる人気女優のヤン・ミーについて、あるネットユーザーがSNS上で「演技力がない」と批判したことだ。これを不快に思ったファンが遺体の写真計4枚を送りつけ、さらに「お前の両親も年を越せずに死ぬ」などと脅したことがネット上で拡散されて大きな話題となり、大勢のネットユーザーが加害者の人物特定に乗り出した。

その結果、写真を送りつけた人物が貴州省にある貴州医科大学の学生であることが分かった。遺体の写真については、医学の発展のために提供された尊い献体ではないかとの疑いも浮上し、ネット上では「死者への冒涜(ぼうとく)」「モラルの崩壊」などと深刻な犯罪行為であることを指摘する声が高まっていた。

貴州医科大学の中国版ツイッターの公式アカウントはこのほど、加害者が2016年入学の男子学生と確認できたことを報告。今回の騒動の詳細について調査を開始しており、さらに学生に対しては今後、学則に沿って処分を行うと発表している。なお、地元紙の取材に応じた同大学のスポークスマンは5日、問題の遺体写真は献体ではなく、加害者の学生がネット上で見つけたものだったと語っている。(Mathilda)

Record China

「嫌がらせ」をもっと詳しく

「嫌がらせ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ