このホテル怖すぎる!明け方に知らない男女が部屋に入ってきて「がまんできない」と…—中国

4月9日(火)22時50分 Record China

8日、環球網によると、浙江省寧波市のホテルで客が寝ていた部屋に別の男女が「進入」するトラブルが発生した。

写真を拡大

2019年4月8日、環球網によると、浙江省寧波市のホテルで客が寝ていた部屋に別の男女が「進入」するトラブルが発生した。記事は「このホテル怖すぎる!」と題して伝えている。

同市内のホテルで4日午前5時ごろ、男性客が宿泊していた部屋に突然見知らぬ男女数人が入ってきた。男性客によると、男女らは酒に酔っていて、早朝にもかかわらず大声で騒いでいたという。そのうち1人は部屋に「先客」がいることに気づいたものの、女性の1人が「もうがまんできない」とトイレに行き、大きな音を立てて用を足したとのことだ。

安眠を妨げられた男性客は、寝たふりをしてやり過ごそうとしたが、今度はベッド近くにあった部屋の電話が鳴り響いた。それは「システムの問題でダブルブッキングが発生した。申し訳ない」というフロントからの電話だったが、この電話により男性客は寝たふりもできなくなってしまった。そして、「侵入者」たちと顔を合わせ、互いに気まずさを感じる羽目になり、目が冴えてそれ以上眠ることができなくなったという。

男性客は上海在住で、頻繁に寧波に出張で訪れることがあり、このホテルを定宿にしていた。男性客によると、2カ月前にも同様の状況が起きたという。

当直担当のマネージャーは「ホテルグループ全体でシステムのアップデートと切り替えをしていた。フロントでの調整がうまくいかず、ダブルブッキングを引き起こしてしまった」と説明。2カ月前のトラブルについては「スタッフのミス」とした。

そして、ホテルとして男性客に謝罪するとともに、当日とさらにもう1日分の宿泊費用を無料とすることを申し出たものの、男性客は受け入れを拒否しているという。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ