韓国と米国が5Gサービス開始も電波の届きや速度は不安定—米華字メディア

4月9日(火)20時50分 Record China

8日、米華字メディアの多維新聞は、韓国と米国が前後して、スマートフォン向けに次世代通信規格の5G通信サービスを始めたが、電波の届きや通信速度は不安定なようだと報じた。写真は韓国。

写真を拡大

2019年4月8日、米華字メディアの多維新聞は、韓国と米国が前後して、スマートフォン向けに次世代通信規格の5G通信サービスを始めたが、電波の届きや通信速度は不安定なようだと報じた。

記事はまず、韓国の状況について、「韓国通信最大手SKテレコムは3日午後11時、有名人6人への5Gサービスを始動した。5日には一般のスマホユーザーへのサービスも開始し、サムスン電子も同日、韓国で唯一5G通信に対応した新型スマートフォン『Galaxy S10 5G』を発売した」と紹介した。

そして、日本経済新聞の記者がソウル市内のSKテレコムの代理店内で、通信速度を測るアプリを使い、「Galaxy S10 5G」で5Gの通信速度を、昨年発売の「Galaxy S9」で4Gの通信速度をそれぞれ3回ずつ測定したところ、結果は5Gが平均で毎秒193メガビット、4Gは同47メガビットとなったこと、屋外では、5Gは平均で毎秒430メガビットとなったこと、ただ町を歩き始めると、5Gの通信はよく途切れて4Gに切り替わることも少なくなかったこと、地下鉄の駅の階段を降りていくと、5Gの電波をつかまえるのも難しくなったことなどを紹介した。

記事は続いて、米国の状況について、「韓国より1時間遅れて米通信最大手ベライゾン・コミュニケーションズが、シカゴとミネアポリスで5Gスマホのサービスを開始した」と紹介した。

そして、CNETの編集者によると、モトローラの5G通信に対応した「moto z3 + 5G Moto Mod」で通信速度を測定したところ、ダウンロード速度が毎秒600メガビットになることもあったが、200メガビットしか出ない時もあり、5Gと表示されているにもかかわらず速度は4Gレベルになることもあったことなどを紹介した。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「5G」をもっと詳しく

「5G」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ