中国人が貼られている多くのレッテル—米華字メディア

4月9日(火)23時30分 Record China

8日、中国僑網は、中国人が米国で張られる「レッテル」について紹介する記事を掲載した。写真はニューヨーク。

写真を拡大

2019年4月8日、中国僑網は、中国人が米国で張られる「レッテル」について紹介する記事を掲載した。

記事は、米華字メディア・僑報の報道を引用。「米国に滞在する多くの留学生や華人が、多少なりとも民族的なレッテルを張られたり、差別を受けたりした経験を持つ」とし、「中国のドライバーは路上の殺人者だ」というレッテルを例に挙げたうえで、米ロサンゼルスで生活する華人学生2人の話を紹介した。

まず1人目は、米国の学力能力テストであるSATを受けた際、数学の点数が伸びずに全体の足を引っ張ったことを周囲に話すと、白人学生から「君はSATの数学で満点を取れなかったんだって?驚きだな」「なあ兄弟、こんなに数学ができない中国人を見たのは初めてだよ」と言われ、反応に困ったという。

「物理や数学でグループ分けをする時には、いつも自分は引く手あまただった。なぜなら、中国人である自分なら楽勝だろうと思われていたからだ。その都度自分は数学が苦手だと説明してもみんな謙遜だと相手にしなかった。テストの成績が出てようやくそれが真実だと分かってもらえた」とこの学生は語っている。

2人目の学生は、学校の行事でアウディの自家用車を運転していたところ、教授から「君たち中国人学生はみんなお金持ちではないのか。なぜ君はアウディに乗っている?。てっきりスポーツカーに乗っているものだと思ったよ」と言われたという。そして、中国人がお金持ちでスポーツカーを乗り回しているというのはステレオタイプだと再三説明しても、教授にはなかなか理解してもらえなかったとのことである。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ