トランプ政権のシリア情勢への対応は支離滅裂

4月11日(水)11時40分 ニューズウィーク日本版

<シリアのアサド政権が化学兵器を使用した疑惑が出ていることに、トランプ政権は軍事攻撃に踏み切る構えも見せているが、これまでの対シリア政策は一貫性がなく支離滅裂>

東グータ地区というのは、シリアの首都ダマスカスの南部にあり、アサド政権に対抗する勢力が支配していました。この地区の鎮圧が時間の問題となるなか、和平交渉が続いていたところでした。その東グータ地区では、現地時間の4月2日ごろから、あらためてアサド政府軍によるものと思われる空爆が再開され、4月7日に化学兵器とみられる空爆で大きな被害が出ている模様です。

使用されたのは希薄化されたサリンという説と、サリンではなく塩素ガスだという説とがありますが、当初49人と言われた犠牲者数が9日には140人という報道もあり、深刻な事態と言わざるを得ません。

この攻撃に続いて今度は9日に、シリア中部のホムス県にある空軍基地にミサイル攻撃があり被害が出たという報道がありました。シリア国営テレビは当初、攻撃は米軍によるものと報じていましたが、アメリカは関与を否定。後にこの基地への攻撃はイスラエルによるものという報道に変わっています。

こうした事態を受けて国連安保理では、まず化学兵器使用に対する抗議と制裁の決議が評決に付されるようですが、これは恐らくロシアが拒否権行使をするだろうと言われています。また、シリア空軍基地への攻撃に関する非難決議も討議されるようで、こちらは西側が拒否に回る公算が大きいようです。

そんな中、トランプ大統領はアサド政権による化学兵器の使用を強く避難し、48時間以内に重大な決定を行うと通告しました。では、アメリカは何かドラスティックなことができるのかというと、実は相当に手詰まりになっているのです。

どうして手詰まりになっているのかというと、シリアに関するトランプ政権の態度は、ころころ変わり、支離滅裂で一貫していないからです。

(1)まず、2015〜16年の選挙戦でトランプは、シリアの混乱について、アメリカは直接介入はしない、ロシアのプーチンに処理を任せる、それが自分流の解決方法だと一貫して主張していました。

(2)その一方で、オバマ大統領のシリア問題への対処を批判することも多く、弱腰で無策だという非難を浴びせていました。トランプ大統領はそんなに言及していませんが、オバマのシリア政策について言えば「化学兵器の仕様はレッドライン越え」になると明言しておきながら、2013年に今回と同じ東グータで化学兵器が使用された際には、何もせずに批判を浴びています。トランプ大統領としては、このオバマの前例を意識せざるを得ません。



(3)自分は「プーチンの盟友」だと公言していたトランプ大統領ですが、その後自分とその周囲における「ロシア疑惑」が特別検察官によって追及されるようになると、急に「反ロシア」に方向転換をしています。

(4)その一方で、事実上アサド政権の支配を認めるような行動は顕著で、例えばシリア領内のクルド系勢力への支援をやめたり、元々は西側と友好的な反政府勢力だった「自由シリア軍」系の反政府運動への支援もやめたりしています。

(5)シリアについては、とにかく「ISIS(イスラム国)」を叩くためには手段を選ばないと公言していたのですが、ISIS弱体化の後にはどうするのかという方針については、まだ何の発表もありません。

(6)ただ、トランプ政権としても「実際に化学兵器が使用される」のは絶対に許さないという姿勢は取っており、前回2017年にアサド政権が再び化学兵器を使用したと報じられた際には、アメリカ軍としてシリアの空軍基地に巡航ミサイル攻撃を行っています。

つまりシリアについては、ロシアの後援を受けたアサド政権による秩序を容認する姿勢を見せる一方で、化学兵器が使用されるとアサド政権への批判や場合によっては攻撃も行っているのです。こうなると支離滅裂としか言いようがありません。

では「化学兵器使用疑惑」が出た直後に、アメリカではなくどうしてイスラエルがアサド政権の空軍基地を攻撃したのかと言うと、アサド政権と敵対しているイスラエルとしては、事態の推移におけるイニシアチブが取りたかったのでしょう。おそらくトランプ政権を信用していないと考えられます。

これから朝鮮半島の非核化という大きなテーマに挑むトランプ政権としては、このシリアでの失敗は許されないはずです。ですがこれまで取ってきた対応は支離滅裂で、今回も手詰まり感が否定できません。



【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きをウイークデーの朝にお届けします。ご登録(無料)はこちらから=>>

ニューズウィーク日本版

「シリア」をもっと詳しく

「シリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ