男性世界最高齢112歳の野中さん、大好物は「甘い物」に中国ネット驚き

4月11日(水)23時10分 Record China

11日、世界最高齢の男性として英ギネス・ワールド・レコーズ社に認定された北海道足寄町に住む112歳の野中正造さんの大好物が、まんじゅうやケーキなどの「甘い物」であることが、中国でも話題となっている。資料写真。

写真を拡大

2018年4月11日、世界最高齢の男性として英ギネス・ワールド・レコーズ社に認定された北海道足寄町に住む112歳の野中正造さんの大好物が、まんじゅうやケーキなどの「甘い物」であることが、中国でも話題となっている。

日本メディアによると、1905(明治38)年7月25日生まれの野中さんにこのほど、ギネスの公式認定証が授与された。野中さんは現在、長男の妻、孫と暮らしているそうで、車いす生活だが元気な様子で、甘い物が大好物だという。

中国版ツイッターでもこの話題が伝えられ、「112歳でまだまだお元気とは素晴らしい。この日本のおじいさんが、これからも元気で楽しく無病息災であることを祈っています」というコメントが寄せられていた。

また、甘い物が大好物ということに驚きを示す人が多く、「ケーキなどにはトランス脂肪酸が含まれていて心臓疾患などのリスクが高まるという。日本人は魚を多く摂取しているというから大丈夫かもしれない。だが中国人は甘い物の食べ過ぎに注意した方がいい」などの声もあった。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「世界最高齢」をもっと詳しく

「世界最高齢」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ