韓国でマスク業者43社摘発=35円の中国製マスクを1200円で販売、不衛生な住宅で製造も—韓国メディア

4月11日(木)20時40分 Record China

中国メディアの環球網は11日、韓国の報道を引用して、「中国製マスクを35倍の値段で販売した韓国企業が摘発された」と伝えた。資料写真。

写真を拡大

中国メディアの環球網は11日、韓国の報道を引用して、「中国製マスクを35倍の値段で販売した韓国企業が摘発された」と伝えた。

大気汚染が深刻な韓国でマスクの売れ行きが好調な中、韓国メディア・ニューシスの11日付の記事によると、韓国京畿道の地元警察は3月、道内の53のマスク製造業者と25のネットショップについて調査を行った。その結果、43の業者に薬事法違反が見つかったという。

違反業者のうち、9社は申請した場所とは別の施設で製造を行っており、31社は韓国食品医薬品安全処の認証(KF。Korea Filter)を受けずにスモッグに対して効果があるような宣伝を行っていた。残りの3社は誇大広告を行ったとされている。

摘発された仁川のある企業は、350ウォン(約35円)で仕入れた未認証の中国製マスクを1万2000ウォン(約1200円)で販売していたほか、別の企業も1230ウォン(約120円)で仕入れた未認証の中国製マスクを、各種の基準を満たしているかのように宣伝して1万ウォン(約1000円)で販売していた。また別の企業は、正規の製造施設ではなく住宅内でマスクを製造しており、原材料も不衛生な環境で保管されていたという。(翻訳・編集/北田)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ