サムスン子会社が消火花瓶を開発、美しく実用的—中国メディア

4月13日(土)1時20分 Record China

サムスン傘下のデザイン・マーケティング会社「Cheil Worldwide」がこのほど、「Firevase」と名付けられた消火花瓶を開発した。

写真を拡大

サムスン傘下のデザイン・マーケティング会社「Cheil Worldwide」がこのほど、「Firevase」と名付けられた消火花瓶を開発した。米テクノロジー情報サイト「The Verge」の3月28日の記事を引用し、環球網が伝えた。

この花瓶は二重層のデザインを採用し、中央の口の部分に水を入れ花を挿すことができる。その間の層には炭酸カルシウムが入っており、火災発生時に花瓶を着火点に投げることが可能だ。花瓶が破裂すると炭酸カリウムが急速に冷却し、酸素ガスを抑制することで消火効果を発揮する。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Record China

「サムスン」をもっと詳しく

「サムスン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ