金正恩氏、シリア大統領に祝電=米軍事攻撃には触れず

4月17日(火)17時44分 時事通信

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は17日、シリア独立72周年でアサド大統領に祝電を送った。ただ、米英仏によるシリア攻撃については触れず、6月初旬までに開かれる米朝首脳会談を前に、トランプ米政権との対決姿勢を強調するのを控えた可能性がある。
 金委員長は祝電で、「(シリアの)政府と人民が国の自主権と安全を守る闘争で成果を成し遂げているのをうれしく思う」とたたえた。その上で、「シリア政府と人民の正義の偉業に改めて固い支持と連帯を送る」と表明した。 

[時事通信社]

時事通信

「シリア」をもっと詳しく

「シリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ