新エネルギー車が人気、北京ではナンバープレート5年待ちも—中国

4月17日(火)6時50分 Record China

北京では18年に個人の新エネルギー車のナンバープレート第一弾の配分が完了し、現在は20万人近くが順番が来るのを待っている。広州でも省エネ車のナンバープレート抽選への参加申請者が増加を続けている。写真は5000万円超で落札されたナンバープレート。

写真を拡大

個人が北京で自動車のナンバープレートを取得しようと思えば、抽選か順番待ちをしなくてはならない。2018年に北京の普通自動車のナンバープレート配分は9万台から4万台(うち個人の指標は3万8000台)に減るが、新エネルギー車は6万台(うち個人の指標は5万4000台)と据え置かれる。そこで北京では新エネルギー車のナンバープレート申請者数が増加を続けている。18年4月8日午後12時現在、個人の新エネルギー車配分指標申請が受理された人、または延期が確認された人は累計23万4650人に上り、過去最高を更新した。中国新聞社が伝えた。

北京では18年に個人の新エネルギー車のナンバープレート第一弾の配分が完了し、現在は20万人近くが順番が来るのを待っている。現在のナンバープレートでは、2023年まで待つ可能性もあるという。

北京だけでなく、広州でも省エネ車のナンバープレート抽選への参加申請者が増加を続けている。18年3月には広州での抽選に1万144人が集まり、前年同月のわずか2066人に比べ、1年間で約5倍増加したことになる。上海と深センでは新エネ車のプレート申請を無料で行うことができる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

Record China

「エネルギー」をもっと詳しく

「エネルギー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ