ノートルダム大聖堂の屋上で飼われていたミツバチ1万8000匹はどうなった?—中国メディア

4月18日(木)15時30分 Record China

18日、海外網によると、フランス・パリ中心部にあるノートルダム大聖堂で起きた大規模火災で、養蜂家の男性が大聖堂の屋上で飼っていたミツバチの安否を心配している。写真はミツバチ。

写真を拡大

2019年4月18日、海外網によると、フランス・パリ中心部にあるノートルダム大聖堂で起きた大規模火災で、養蜂家の男性が大聖堂の屋上で飼っていたミツバチ1万8000匹の安否を心配している。

男性は17日に受けた取材で3つのハチの巣が元の場所に見えることを説明。涙ながらに「警察と消防が近付かせてくれない」と訴えたという。

男性によると、ノートルダム大聖堂の屋上でミツバチを飼う夢が実現したのは12年のことだ。男性は15日(現地時間)の火災発生以降、ミツバチの群れを確認できていない。(翻訳・編集/野谷)

Record China

「ノートルダム大聖堂」をもっと詳しく

「ノートルダム大聖堂」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ