ミャンマー人労働者の間で高まる日本の人気、「韓国よりも・・・」=中国メディア

4月18日(木)8時12分 サーチナ

中国メディアは、ミャンマー人労働者の間で最近では韓国より日本の方が人気になっていると伝える記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 ミャンマー人労働者の間で、労働先として日本の人気が高まっているという。2018年には約22万8000人のミャンマー人が9カ国へ労働者として出向いたが、日本はそのうち4番目に多い国だった。最多は20万人のタイ、次いで、マレーシアの約2万2000人、韓国6000人、日本4000人と続いた。中国メディアの快資訊は16日、ミャンマー人労働者の間で最近では韓国より日本の方が人気になっていると伝える記事を掲載した。

 記事によると、入管改正法により日本がミャンマーからの労働者の受け入れに積極的になったため、韓国への渡航を希望していた一部のミャンマー人が日本への出稼ぎを希望するようになっているという。また、韓国での仕事が不安定であることもその要因の1つとなっていると指摘。そのため、今年は韓国への出稼ぎに必須である韓国語能力試験自体が実施されなかったそうだ。

 ある韓国語教室に通っているミャンマー人は、仲間数人とともに日本語教室に変えようとしていると語ったという。日本と韓国では、消費も収入も大差なく、日本が今年採用人数を増やしたのを知り、希望国を韓国から日本に変えようと思っていると伝えている。

 文政権の韓国では、経済成長が鈍化し景気が悪くなっていると言われるが、こうした状況からも、韓国経済の厳しさを知ることができる。人手不足が問題になっている日本からすると、外国人労働者は貴重な戦力だ。ミャンマーからの労働者は増える傾向にあるようだが、日本としても受け入れ態勢を整えていく必要があると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「労働」をもっと詳しく

「労働」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ