キャサリン妃第3子出産間近で「名前」の賭けがいよいよ白熱!

4月19日(木)9時47分 Techinsight

まもなくロイヤルベビーが誕生するキャサリン妃(画像は『Kensington Palace 2018年3月7日付Instagram「The Duchess of Cambridge today visited Pegasus Primary School in Oxford to learn more about the work of the charity Family Links.」(PA)』のスクリーンショット)

写真を拡大

ロイヤルベビーNo.3の誕生を今か今かと待ちわびる英国民たち。英キャサリン妃については陣痛が始まってもおかしくないと報じられており、長男ジョージ王子(4)と長女シャーロット王女(2)の下に可愛い赤ちゃんが誕生するのは間もなくであろう。賭け事が大好きな国民性とあって、イギリスはまたもや「そのお名前はいかに」と一層の白熱を見せているようだ。先には夫のウィリアム王子がうっかりと性別について口走ったことをお伝えしていたが…!?

賭けと投票をオンラインで管理するブックメーカー(賭け業者)の「William Hill」、「Sunbets」、「Betway」や「Ladbrokes」。そのうちWilliam社が発表したところによると、今月中に誕生するとみられるウィリアム王子とキャサリン妃の第3子の名前について、現在の人気トップ5はこうなっているという。

1位 “メアリー(Mary)” オッズ(倍率)3対1 で配当が4倍
2位 “アリス(Alice)” オッズ6対1で配当が7倍
3位 “ヴィクトリア(Victoria)” オッズ8対1で配当が9倍
4位 “エリザベス(Elizabeth)” オッズ12対1で配当が13倍
5位 “アルバート(Albert)” オッズ14対1で配当が15倍
5位 “アーサー(Arthur)”  同率
5位 “フレデリック(Frederick)” 同率

全体でみると、「再び可愛い女の子を」という期待が現れているのか、上位4つを女の子の名前が占めているもよう。ただし、曾祖母の名でもある“エリザベス”はトップ4にランクインしているが、祖母にあたる故ダイアナ妃の名前を選ぶ者はそう多くないもようだ。

なお、ウィリアム王子はアストン・ヴィラFCのサッカー試合を観戦中、同クラブのジャック・グリーリッシュ選手が決勝ゴールを決めた際に「赤ちゃんの名前はジャックにしようかな」などと口走ったことから、第3子は男の子である可能性が高いのかもしれない。王子はマズイと察したのか慌てて「あるいはジャッキーとかね」と付け加えていた。このような報道にもかかわらず、“ジャック(Jack)”や“ジャッキー(Jackie)”はほとんど票を得られていないという。

意外なダークホースは“ローズ(Rose)”であろうか。現在オッズは40対1で配当は41倍となるという。また男の子では、あの“ドナルド(Donald)”もリストに挙がっている。しかしWilliam社でのオッズは500対1とのこと。ハッキリ言って不評だが、これに賭けて当たった場合は501倍という大変な配当をゲットすることができるであろう。

ちなみにイギリスの妊婦さんに人気のウェブサイト『Mother & Baby』では、今大きな人気が集まっている名前について、女の子では1位が“アメリア(Amelia)”、2位が“エミリー(Emily)”、3位が“オリヴィア(Olivia)”だとしている。また男の子では1位が“オリヴァー(Oliver)”、2位が“レジー(Reggie)”、3位が“ルーベン(Reuben)”だそうだ。

画像は『Kensington Palace 2018年3月7日付Instagram「The Duchess of Cambridge today visited Pegasus Primary School in Oxford to learn more about the work of the charity Family Links.」(PA)』のスクリーンショット

Techinsight

「キャサリン妃」をもっと詳しく

「キャサリン妃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ