中国のユニクロに客殺到!お目当ては「少年ジャンプ」のコラボTシャツ—中国メディア

4月24日(火)11時50分 Record China

23日、日本の情報を中国に紹介する自メディア・東京新青年は、雑誌・週刊少年ジャンプの創刊50周年記念したユニクロのコラボTシャツが中国の店舗でも販売され、一部の店舗では行列ができるほどの人気ぶりを博したと報じた。写真は微博より。

写真を拡大

2018年4月23日、日本の情報を中国に紹介する自メディア(新興メディア)・東京新青年は、雑誌・週刊少年ジャンプの創刊50周年記念したユニクロのコラボTシャツが中国の店舗でも販売され、一部の店舗では行列ができるほどの人気ぶりを博したと報じた。

記事は、「今年はジャンプ創刊50周年。ユニクロとコラボレーションして記念Tシャツを発売した。Tシャツのラインナップは、『ドラゴンボール』『ワンピース』『ハンターハンター』『ナルト』『ブリーチ』『ハイキュー!!』といった名作揃いで、子どものころの記憶がよみがえる」などと紹介した。これらの日本のアニメは中国で非常に人気が高い。

そして記事は、「16日に日本で発売した際は、そこまで大きな騒ぎにならなかった。しかし、23日に中国の店舗で販売が始まると、開店前には店の前に長蛇の列ができた。店内の装飾もジャンプ風になっており、店のドアが開くや否やみんなお目当てのシャツを奪い合った。その盛り上がりぶりは、一時収拾がつかなくなるほどだった」と伝えている。

記事は、今回のコラボ企画に大量の中国人消費者が食いついた理由の1つに、人気漫画作品の数々が描かれた紙袋の存在があったと指摘。紙袋欲しさに商品を購入した人もいたようだ。ネット上ではゲットした「戦利品」を満足げに公開するユーザーが続出し、中には紙袋数個分の商品を購入した人や、アニメが描かれた紙袋を切り抜いて額縁に入れたりするツワモノもいた。

微博上で「優衣庫」(ユニクロ)と検索すると、購入したユニクロ商品や紙袋の写真を並べるユーザーの書き込みが大量にヒットする。商品を購入したユーザーたちは「ユニクロ、ものすごい人の数だった」「ユニクロ史上最強のコラボレーションだ」「行ってみたらほとんどのシャツが売り切れていて、2枚しか買えなかった」「紙袋を3個ゲットしたぜ」なとどコメントしている。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ