<卓球>日中「小魔王」対決は中国に軍配、伊藤美誠が同い年の相手に完敗—中国メディア

4月25日(木)13時30分 Record China

24日、澎湃新聞は、ハンガリー・ブタペストで開催中の世界卓球女子シングルスで日中の「2000年生まれ対決」が行われ、中国の孫穎莎が日本の伊藤美誠に完勝したと報じた。資料写真。

写真を拡大

2019年4月24日、澎湃新聞は、ハンガリー・ブタペストで開催中の世界卓球女子シングルスで日中の「2000年生まれ対決」が行われ、中国の孫穎莎(スン・インシャー)が日本の伊藤美誠に完勝したと報じた。

24日夜に女子シングルス3回戦で伊藤と孫の「注目対決」が実現し、孫が4-1で伊藤に勝利した。記事は、「この対決は深い意味を持っており、今後、両国女子卓球界を支える主力候補同士による戦いだった」としている。

また、「身長や体重といった体格面でほぼ同じであるほか、同じ2000年生まれで、右利きかつスピードとパワーを持ち味にしているとなど、両者には共通する部分が多い」とした。一方で、孫が右のシェークハンドで速攻とループドライブを織り交ぜた戦法を採用し、伊藤はフォアに裏ソフトラバー、バックに表ソフトラバーを使用するなど、2人で異なる点も存在すると紹介した。

さらに、過去の対戦成績を見ると、伊藤と孫がそれぞれ1勝ずつしており、2試合とも接戦になったことを挙げ、「今回の対決では孫が完全に優位に立ち、伊藤は1ゲームを奪うのが精いっぱいだった」と伝えている。

記事は、「日本の若手育成は、もちろん来年の東京五輪だけ目標にしたものではなく、さらに遠い未来まで見据えてのものだ。中国卓球協会の劉国梁(リウ・グオリアン)会長も今後10年、さらには長い期間、世界卓球界は日中間の争いが繰り広げられると予測してきた。また、劉会長はライバルの進歩を認めている」と紹介した。

そのうえで、劉会長が「われわれは大きな大会で勝ち続け、彼ら(日本)の選手たちが勝ちに近づいたときにもやはり中国には届かないと思わせるようにしなければならない」とも語ったことを挙げ、「今回の『小魔王対決』の勝利は、劉会長の思惑に沿った結果になった」との見方を示した。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ