日本マイクロソフトが週休3日制を試験導入、「996」が問題の中国でも反響=「中国ではあり得ない」「3日は求めないからせめて正常にして」

4月25日(木)7時20分 Record China

23日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、日本マイクロソフトが週休3日制を試験導入すると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真を拡大

2019年4月23日、新浪新聞の微博アカウント頭条新聞は、日本マイクロソフトが週休3日制を試験導入すると伝えた。

日本マイクロソフトは8月から週休3日制を試験導入する。生産性を向上させることが目的だと言い、不要な会議をなくし、勤務時間を増やさずに、賃金も下げないという。休暇中の旅行や自己啓発のための費用を最大10万円補助もするそうだ。

中国では最近、「996」が問題となっている。これは、「午前9時から午後9時まで、週6日の労働」という意味で、中国の過酷な労働状況を表す言葉として流行している。

同社の週休3日制の導入に対し、中国のネットユーザーから「国内の996企業は見るに堪えないな」「中国の996とは強烈な対比となっている」「私は週休2日の仕事も見つけられない」「中国では週休3日など存在しない。週休2日ならかなりいい方」「これは学んだほうがいい。週休3日は求めないから、せめて正常な勤務時間で残業なしにしてほしい」などの声が寄せられた。

ほかには、「生きていくのが一番疲れるのは中国人。すべては国内総生産(GDP)を上げるため」「日本経済はますますだめになっていると言った方がいいな。996万歳」「極悪非道な資本主義だな。そんなに休んでも幸福にはなれないぞ」と皮肉を込めたコメントも見られた。(翻訳・編集/山中)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ