今度は「水かけ姫」!“問題令嬢”を輩出する韓国財閥の病理

4月25日(水)7時0分 NEWSポストセブン

“ナッツ姫”は特別なケースではなかった(共同通信社)

写真を拡大

 韓国で大騒動に発展した、大韓航空の「水かけ事件」。会議中に激怒し従業員の顔にコップの水をかけた件について暴行の疑いで取り調べを受けた“水かけ姫”ことチョ・ヒョンミン専務は、2014年に「ナッツ・リターン事件」を起こしたチョ・ヒョンア氏の妹だ。ニューヨーク発ソウル行の大韓航空機内で、当時同社の副社長だったチョ・ヒョンア氏が、ナッツの提供方法について乗務員にクレームを付け、離陸直前の旅客機を引き返させた事件である。


 韓国財閥の“お嬢様”が起こした事件はまだ他にもある。韓国事情に詳しいノンフィクションライターの高月靖氏がこう語る。


「ネクセンタイヤのオーナーであるカン・ビョンジュン会長の次女は2011年1月に夫の浮気調査費用1500万ウォン(約152万円)を踏み倒し、訴訟になった。2013年にはヒュンダイグループ・現代企業金融のチョン・モンイル会長の娘が大麻吸引で逮捕されています」


 名門令嬢たちのお粗末な事件が頻発する背景には韓国特有の事情があるようだ。元時事通信ソウル特派員で評論家の室谷克実氏がいう。


「韓国とは“大金持ちイコール偉い人”と認識される社会。財閥一家、特に二世、三世にはその傾向が強い。子供の頃から様々な特権に守られ、周囲の人々を使用人のように扱っても注意すらされない風土が社会常識を大きく逸脱した、モンスターを生んでしまう。特に財閥の娘は海外の大学を卒業するなど周囲の女性よりも高学歴であることが多いため、自分が特別だという意識を強く持ってしまうようだ」


 とはいえ、航空機の運航を妨害したナッツ・リターンはともかく、この程度の事件が警察沙汰になるのは少々行き過ぎな気もする。


「左派政権である文在寅大統領の下では、国民からの反感が強い財閥への風当たりが厳しくなっている。これぐらいのことで警察が動くのは、政権の人気取りの側面は否定できません。今後も新たな財閥子息が目を付けられるかもしれない」(同前)


 いやはや苛烈なお国柄である。

NEWSポストセブン

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ