驚異的ヒットの「アベンジャーズ/エンドゲーム」で死にかけた!?女子大生の緊急搬送が話題に

4月27日(土)11時10分 Record China

26日、中国でも記録的大ヒットを見せているマーベル映画の人気シリーズ最終章「アベンジャーズ/エンドゲーム」だが、観客の女性が呼吸困難とけいれんを起こして病院へ緊急搬送されたことも話題になっている。

写真を拡大

2019年4月26日、中国でも記録的大ヒットを見せているマーベル映画の人気シリーズ最終章「アベンジャーズ/エンドゲーム」だが、観客の女性が呼吸困難とけいれんを起こして病院へ緊急搬送されたことも話題になっている。

シリーズ最終となる「アベンジャーズ/エンドゲーム」は中国で、前売り券だけで7億7400万元(約129億円)を売り上げる驚異的な人気ぶり。24日、封切り直後の初上映となる「零点場」だけでも300万人以上を動員し、興行収入は1億7900万元(約30億円)に。初日の興行収入が5億元(約83億円)を突破したのち、26日夜8時(現地時間)の時点で同14億元(約232億円)突破と、ものすごい勢いで数字を伸ばしている。

公開初日の24日、浙江省の映画館から観客の女性が病院へ緊急搬送される騒ぎが起こった。地元紙「浙江之声」によると女性は21歳の大学生で、大のマーベルファン。館内に居合わせた人によると女性は上映中からすすり泣いていたが、終わる頃には声を放って号泣し始め、上映後に胸を押さえて苦しみ始めたという。手足がけいれんを起こし、呼吸困難に陥ったことで病院に搬送され、医師から過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)と診断されている。

過換気症候群とは、極度の緊張や不安から過呼吸となり、けいれん、しびれ、失神などを引き起こすもの。女性の場合、映画を見て感動、または悲しみのあまり自分の感情をコントロールできなくなったようだ。

この騒ぎは中国版ツイッターでも大きな話題となり、「映画を見て死にかけることなんてあるんだ!」「そこまで感動してみたい」「この子は憑依(ひょうい)型の女優になれそう」「これは映画うんぬんの話ではない。女性は病院でメンタルを治療したほうがいい」などといったコメントが集まっている。(Mathilda)

Record China

「アベンジャーズ」をもっと詳しく

「アベンジャーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ