20歳ホームレスの男が他人の馬を縛って性的暴行(米)

4月29日(日)4時0分 Techinsight

ホームレスが馬に性的暴行(画像は『WTGS Fox 28 2018年4月26日付「Man admits he had sexual contact with a horse」(courtesy: Washington County Jail)』のスクリーンショット)

写真を拡大

哺乳動物や鳥類を選んで強姦する、極めて卑劣でアブノーマルな行為。これまでもニワトリ、牛、ヤギ、犬、馬などがことごとく変態趣味のある男たちの犠牲になってきたが、このほど米オレゴン州で逮捕された男は20歳のホームレスであった。

オレゴン州ワシントン郡保安官事務所の発表をもとに『WTGS Fox 28』が伝えたところによると、事件が起きたのはポートランドの西に位置するヒルズボロで今月19日のこと。200 block of Northwest 334th Avenueの住民女性から「何者かが敷地内に不正侵入して馬小屋に忍び込んでいた形跡があり、馬が縛られている」と911番通報したもので、警察が現場に向かうと小屋のなかで1頭の馬が体を縛られ、馬具などが荒らされていた。

獣医の診察により馬が性的暴行を受けていたことも判明し、獣姦事件として捜査が始まり、24日にはヒルズボロの「ウォルマート/コーネリアス店」の駐車場でケネス・デュイックという20歳の男の身柄が拘束された。近辺の町においてデュイックは不審人物として知られていたという。馬小屋に入ったことについて「仕事を探していた」などとうそぶいたデュイックであったが、犯行を認めたため動物に対する性的暴行、第二級強盗などの罪で逮捕された。保護観察期間中の違法行為につき、かなり重い刑罰が下るものとみられる。

2014年にはウィスコンシン州で、30歳の男がマリファナを使用した上でオス馬を性的に暴行しようとして股間を強く刺激しているところを目撃され、逮捕された。着用していたズボンには臀部に丸い穴が開いており、馬の性器を口に含んだことも認めたが、「馬を相手にするポルノ映画を見て刺激された」と話し、そのような低俗で残酷な映画が作られているという事実も人々を驚愕させた。

画像は『WTGS Fox 28 2018年4月26日付「Man admits he had sexual contact with a horse」(courtesy: Washington County Jail)』のスクリーンショット

Techinsight

「暴行」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「暴行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ