BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

中国の地下水に深刻な汚染 調査対象の8割が飲用不可

NEWSポストセブン4月30日(土)7時0分
画像:中国水利省のホームページ
写真を拡大
中国水利省のホームページ

 中国政府の調査によると、中国の地下水の80%以上が深刻な汚染のために飲めない状態であることが分かったが、国民の7割が地下水を飲用水として利用しているとの実態が明らかになった。


 折しも、中国中部の江蘇省常州市の中高一貫校、常州外国語学校の生徒522人に、校舎が建設されている元工場の汚染が原因とみられる皮膚炎や血液異常などの症状が広がっている。北京紙「新京報」など中国メディアが報じた。


 中国水利省がさきごろ公表した「地下水動態月報」によると、同省は昨年、東北部の松遼平原や内陸部の江漢平原などの2103カ所の井戸の水質を調査したところ、これらの井戸の8割以上の地下水が飲用不可能なほど激しく汚染されていることが判明した。


 これらの地下水に含まれる主な汚染物質は毒性が高いトリアゾールで、一部の地域では重金属や有毒有機物も検出されたという。2103カ所の井戸のうち、691カ所から水質評価5段階中の第4段階である「工業や農業用」で、ほぼ半数の994の井戸は「飲用できない」の第5段階の水質評価だった。このため、調査対象となった井戸の8割の水が飲めないとの結果になった。


 しかし、国土資源省の調査では、中国の国民の7割が地下水を飲んでいることが分かっており、多くの住民の健康に被害が出ていることが予想される。それを裏付けるように、中国では毎年、環境汚染が原因で、350万人ががんに罹患、250万人が死亡しているという。


 中国では最近、江蘇省常州市の常州外国語学校で、病院で診断を受けた生徒641人のうち522人に皮膚炎や白血球減少など白血病のような血液の異常が見つかった。この学校では昨年9月の新校舎移転後、北側校舎を中心に吐き気やめまいなどを訴える生徒が続出していた。


 報道によると、北側校舎の約100メートル北側では2010年ごろまで3つの化学工場が稼働していた。この工場の元従業員は農薬を製造していたが、未処理の排水を付近の川に流したり、廃棄物を地下に埋めたりすることがあったと証言。


 環境影響報告書で工場跡地の地下水や土壌に含まれるクロロベンゼンの濃度が基準のそれぞれ9万4800倍と7万8900倍と、業者が不法に地中に埋めるなどした有毒物質による土壌や地下水の汚染が影響している可能性が強いという。


 このため、今年1月には保護者らが土壌は水質の調査を求めたほか、校舎の移転を求めて校門前などで抗議し、武装警察が出動する騒ぎになった。


 市当局は3月上旬、学校敷地で土壌や水質の検査を実施して問題ないと説明しているが、事態を重く見た環境保護省と江蘇省が3月中旬、合同チームを発足させ調査を始めている。

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン
この記事のトピックス

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「地下水」をもっと詳しく

注目ニュース
G7首脳宣言「強烈な不満」=海洋問題で「あら探し」—中国 時事通信5月28日(日)13時11分
【北京時事】先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)の首脳宣言で中国が活発化させる東・南シナ海での海洋進出について懸念が表明されたことに対し…[ 記事全文 ]
韓国人飼い主のマナーの悪さに日本人が怒り「韓国にはもう犬を送らない」=「犬を食べようが食べまいが、韓国は犬が暮らしにくい国」—韓国ネット Record China5月27日(土)12時0分
2017年5月25日、韓国・中央日報によると、山口県にあるシバイヌ専門のペットショップが、韓国人顧客向けのブログで「韓国にはもう柴犬を譲ら…[ 記事全文 ]
日本で高齢者による犯罪が深刻な社会問題に=「刑務所が老人ホームになっている」「この先は中国でも増える」—中国ネット Record China5月28日(日)7時40分
2017年5月27日、中国中央テレビが、日本で高齢者による犯罪が深刻な社会問題になっていると伝えた。[ 記事全文 ]
グレッグ・オールマン氏死去 時事通信5月28日(日)10時22分
グレッグ・オールマン氏(米ミュージシャン、オールマン・ブラザーズ・バンドのボーカル)27日、ジョージア州サバンナの自宅で死去、69歳。[ 記事全文 ]
中国が日本旅行の自制呼び掛け?韓国で中国人観光客回帰の期待高まる=「今度は日本がターゲット?」「中国のやり方は汚い」—韓国ネット Record China5月28日(日)16時10分
2017年5月26日、韓国・中央日報によると、中国政府による韓国旅行商品の販売中止措置「限韓令」が7月に解除されそうだという。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 韓国人飼い主のマナーの悪さに日本人が怒り「韓国にはもう犬を送らない」=「犬を食べようが食べまいが、韓国は犬が暮らしにくい国」—韓国ネットRecord China5月27日(土)12時0分
2 米空母3隻目が西太平洋へ ニミッツ、北朝鮮けん制共同通信 47NEWS5月27日(土)18時3分
3 北朝鮮、対空ミサイル試射 金正恩氏が視察共同通信 47NEWS5月28日(日)9時36分
4 G7首脳宣言「強烈な不満」=海洋問題で「あら探し」—中国時事通信5月28日(日)13時11分
5 「この世の悪から守るため」母親が6歳、8歳の我が子を銃殺(米)Techinsight5月27日(土)21時51分
6 トランプ米大統領の「ロシア疑惑」は底なし沼、FBI長官解任で傷口広げる、弾劾の可能性にも現実味?Record China5月28日(日)9時0分
7 中国機がまた異常接近=南シナ海の国際空域で—米軍時事通信5月27日(土)7時53分
8 韓国国民が選ぶ「韓国を輝かせた発明品」ランキング=「元は日本の発明品だよ」「なくても困らないものばかり」—韓国ネットRecord China5月22日(月)8時30分
9 日韓関係はなぜコロコロ変わるのか—華字紙Record China5月27日(土)7時30分
10 ​火が点いてから3年たってもまだ中国人に人気の日本製品—中国メディアRecord China5月27日(土)8時10分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア