「オバマ大統領27日広島訪問、原爆投下謝罪せず」ホワイトハウスが発表

5月11日(水)10時57分 ニューズウィーク日本版

  オバマ米大統領が27日、安倍晋三首相と共に、現職大統領として初めて被爆地・広島を訪問する。原子爆弾投下に関する謝罪は行わない。ホワイトハウスが10日、明らかにした。

 両首脳は26、27日に三重県で開催する主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の後に、平和記念公園を訪れる。

 ホワイトハウスは声明で、オバマ氏が「核兵器なき世界の平和・安全保障を求める継続的なコミットメントを強調」するとした。

 ローズ大統領副補佐官(国家安全保障担当)はブログ投稿で、「オバマ氏が、第2次世界大戦末期の原爆使用決定を、再び取り上げることはない。代わりに、われわれが共有する未来に焦点を当てた、前向きなビジョンを示す」と述べた。

 ケリー米国務長官が先月、広島を訪れてから、生存者らはオバマ氏訪問が実現すれば、謝罪よりも、世界の核兵器撤廃に向けた前進を望む考えを表明している。

 ローズ氏によると、ケネディ駐日米大使も最近広島を訪れており、オバマ氏訪問の「適切な時期」が到来したとの認識を示した。

 安倍首相は10日夜、オバマ米大統領が実際に被爆地に足を運ぶことは「大きな決意だったと思う」と述べ、「全ての犠牲者を日米で共に追悼する機会としたい」と今回の広島訪問を歓迎する意向を表明した。

 「オバマ大統領が広島を訪問し、そして被爆の実相に触れ、その思いを世界に発信することは、核兵器のない世界に向けて大きな力になる」と記者団に語った。[ロイター]Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニューズウィーク日本版

「オバマ大統領」をもっと詳しく

「オバマ大統領」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ