国民の身長からみる、戦後日本の発展と中国の疲弊—中国コラム

5月13日(日)0時40分 Record China

中国版ツイッター・新浪微博に9日、「中国の男性が日本の男性より背が低い秘密」と題したコラムが掲載された。写真は都内。

写真を拡大

中国版ツイッター・新浪微博に9日、「中国の男性が日本の男性より背が低い秘密」と題したコラムが掲載された。以下はその概要

中国国家衛生・計画生育委員会が2015年に発表したデータによると、2012年時点で中国の18歳以上の男性の平均身長は167.1センチだった。

これに近いデータでは厚生労働省・健康局の「平成25年、26年国民健康・栄養調査報告」が比較の対象とされることがある。この報告では、18歳以上の日本の男性の平均身長は2013年で168.8センチ、2014年は169.5センチだった。統計を行った機関や対象者、時期などでデータに違いが生じ、中には日本より中国の成人男性の方が平均身長が高いというデータもある。いずれにしても、日中の平均身長は大差ないというのが共通点だ。

かつては中国で背が低いイメージがあった日本人だが、実際に日本に旅行してみると、実は中国人と余り変わらないことに気が付く。

1800年代清朝の時代では、中国人は日本人の男性より大分身長が高かったといわれている。かつては中国に大きな差を付けられていた日本人が今では大差ないまでに差を詰めているのはなぜか。大きな要因は体質の改善だと考えられる。

戦後の日本は米国の援助もあり、学校の給食に脱脂粉乳を取り入れるなど児童の体質改善を進めた。その後日本の給食は栄養バランスが良いものへと発展し、日本の飲食習慣も大きく変化した。ご飯が主食だった伝統的な食習慣に加え、パンやファストフード、外国の肉料理などが普及し日本の食の一部に定着した。栄養をバランスよく摂取してきたことで、日本人の身長は伸び続け、中国に追いついたのだ。

一方の中国は、第二次世界大戦後の内戦や文化大革命などで疲弊し、飢餓と貧困に見舞われた。中国人の身長が日本人や韓国人に及ばないのは、こうした歴史が大きな要因の1つとなっている。(翻訳・編集/内山)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ