「韓国造船の受注競争力、しばらくは日中を圧倒」分析結果に韓国ネット歓喜

5月15日(水)6時0分 Record China

13日、韓国・聯合ニュースは「韓国造船業の建造技術は中国より先を進んでおり、これを基盤に当面は受注競争力で日中を圧倒する見通しだ」と伝えた。写真は釜山港。

写真を拡大

2019年5月13日、韓国・聯合ニュースは「韓国造船業の建造技術は中国より先を進んでおり、これを基盤に当面は受注競争力で日中を圧倒する見通しだ」と伝えた。

記事によると、ポスコ経営研究院はこのほど「回復兆候の造船産業、より韓国に有利」と題した報告書を発表した。報告書は「天然ガスの需要が増えたことで液化天然ガス(LNG)関連の船舶が造船産業の回復を後押ししている」と分析している。3月現在のLNG運搬船の全手持ち工事量は1400万GT(総トン数)だが、このうち韓国の手持ち分(1100万GT)が81%を占めるという。大型コンテナ船、超大型油タンカー(VLCC)でも、韓国は全手持ち工事量の49%と82%を占めており、「ライバルの中国、日本を圧倒する受注競争力を保有している」としている。

また「韓国は数十年間で数千隻の船舶を建造しており、豊富な経験とノウハウで、さまざまな要求に対応し、納期を遵守することが可能だ」「韓国と中国の船舶建造技術には、5.2年の差がある」とも分析している。

この他「韓国は好況不況に関係なく、全受注量の35%以上を維持し、受注競争力をキープし続けている」「昨年の世界の受注量は前年比約5.9%の増加だったが、韓国の受注量は同28.6%の増加だった。韓国の受注競争力が優位にあることを証明した」とも評価している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「いいニュース、うれしいニュースだね」「いつの日か、海は我が韓国が制覇する」「産業スパイに気を付けて。内部で技術を盗もうとするやつを見張らないと」「船舶建造の3大核心は、設計、溶接、塗装だ。何十年の熟練の労働者を優遇すべき。その人たちこそ、韓国の船舶建造の競争力となる。リストラだ何だとやっていると、中国や日本に出ていってしまう」など、喜びとさらなる奮起を望む声が寄せられている。

また「おごることなかれ。中国を警戒してし過ぎることはない」「でも中国は今、多額の投資を行っているよ。技術だけでなく、さまざまに。韓国ももっと奮発しないと」など中国をライバル視する声や、「圧倒してたら何だ?。造船業は労組のせいで崩れていっている」という意見も多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ