渋谷で起きた集団暴行事件で中国人の男ら6人逮捕、中国メディアも報じる

5月16日(水)19時40分 Record China

16日、東京都渋谷区で今年3月に起きた集団暴行事件で、中国人の男ら6人が逮捕されたことが分かった。写真は渋谷。

写真を拡大

2018年5月16日、東京都渋谷区で今年3月に起きた集団暴行事件で、中国人の男ら6人が逮捕されたことが分かった。このニュースは中国でも報じられ、ネット上には「中国に戻って来ないで」との批判コメントも寄せられている。

今年3月9日に起きたこの事件は人気ファッションブランド「シュプリーム」の店舗前で複数の男が警備員1人に椅子で殴るなどの暴行を加えたというもので、傷害容疑で警視庁が今月15日に逮捕したのは中国人の学生を含む6人。事件当時、限定商品の販売を待つ人で長い列ができており、整理券配布時に身分証明書のチェックを行った警備員と男らがトラブルになったことが報じられていた。

日本では14年9月、「大阪のアップルストアで中国人とみられる客ら数十人が入店待ちの長い行列に割り込み、新製品の品切れに腹を立てて店内で暴れる」というトラブルが起きている。この騒ぎは在日中国人の間でも問題視され、ある男性はアップルストアでのごみ拾いなどの方法で中国人のイメージアップを図った。(翻訳・編集/野谷)

Record China

「暴行事件」をもっと詳しく

「暴行事件」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ