トランプ:北の非核化に「リビア方式」は求めない──ボルトンと矛盾

5月18日(金)14時2分 ニューズウィーク日本版

<タカ派のボルトン大統領補佐官が求める「リビア方式」の非核化に北朝鮮が猛反発、米朝会談もやめると言い出した。トランプは懐柔にかかったが、非核化は大丈夫か>

ドナルド・トランプ米大統領は5月17日、北朝鮮の核開発問題に関してジョン・ボルトン大統領補佐官が北朝鮮に求めてきた「リビア方式」の非核化を公式に否定した。「リビア方式」とは、核開発に関わるすべてを放棄・廃棄した後に制裁を解除する方式だ。

リビアは2000年代初頭に核兵器の開発を進めていたが、その後2003年に開発計画の完全放棄に合意した。4月に大統領補佐官に就任したボルトンは、外交タカ派として知られ、最近のテレビ番組のインタビューで「リビア方式」が北朝鮮を非核化する上でも有効だと語っていた。

しかしこのボルトンの発言が、6月にシンガポールで開催予定の米朝首脳会談でトランプと非核化の具体的な方法について話し合うはずだった金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を動揺させたようだ。

「金正恩体制は安泰」

リビアの核開発を放棄した当時の最高指導者ムアマル・カダフィ大佐は、約8年後に親米の武装勢力によって拘束、殺害された。

カダフィの二の舞を恐れる金正恩は態度を硬化させ、トランプとの会談中止もほのめかした。中国の王毅(ワン・イ—)外相はトランプに対して自重を促し、米朝首脳会談の実現に向けて努力するよう求めた。

17日の発言を見るとトランプは、歴史的な米朝首脳会談に向けて、金正恩体制は安泰、と北朝鮮を安心させた方が良い、というアドバイスを受け入れたようだ。

「北朝鮮に『リビア方式』を適用することは全く考えていない。リビアでは国家が破壊された。カダフィ大佐の権力を維持するという保証もなかった。『リビア方式』は(北朝鮮とは)全く異なった取引だ。北朝鮮の場合は、体制は変わらないし、北朝鮮はとても豊かになるだろう」と、トランプは語った。



リビアの場合、アメリカはカダフィ大佐に対して体制保証や軍事的、経済的支援を約束していないことから、米朝関係と米リビア関係は違うと、トランプは主張した。

この発言は、明らかにアメリカが、北朝鮮の非核化と引き換えに経済支援を約束する意思があることを示唆している。トランプはまた、北朝鮮が韓国と同様の経済発展の道を歩むことができるだろうとも述べた。

一方でトランプは、米朝間で非核化の合意に至らなければリビアと同様、北朝鮮も破壊できると警告した。これもボルトンが「リビア方式」を唱える中で言及していることで、トランプはボルトン発言の別の側面を強調したことになる。

さらにトランプはこう言った。「しかし(米朝が)合意すれば、金正恩は、とてもとても幸せになるだろう」


クリスティナ・マザ

ニューズウィーク日本版

「リビア」をもっと詳しく

「リビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ