BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

中国の愛人撃退会社 「婚姻守る」ため別れを演出し、売上倍増

NEWSポストセブン5月20日(土)16時0分
画像:すべては婚姻を守るため(写真:アフロ)
写真を拡大
すべては婚姻を守るため(写真:アフロ)

 不倫の蔓延は海の向こうでも変わらない。経済成長著しい中国の場合、とある業者が異例の成長を遂げていた。現地の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏が指摘する。


 * * *

 習近平国家主席の下で徹底的に進められた反腐敗キャンペーン。これにより官僚の収入は激減し、官僚の間に蔓延していた「二奶(愛人)現象」も一段落したと考えられてきた。


 しかし、中国で愛人を囲うことのできるのは、いまや官僚たちだけではない。全体的に所得が上昇した中国では、海外旅行で“爆買い”できる人々が増えるように、愛人に絡んだトラブルが社会の中で大きな問題となってきているのだ。


 そんななか、乱れた中国社会の傾向を象徴するような現象がビジネス界を騒がせているという。なんと、正妻に頼まれて愛人を撃退する企業の業績が倍々ゲームで伸びているというのである。


 それを詳しく報じたのは『財経ネット』(2017年3月11日)である。タイトルは、〈不倫の背後に大きなビジネスチャンス 愛人退治の専門企業が年商1千万元(1億6500万円)以上を売り上げる〉である。


 この背景には、中国における離婚の数が高まっていることが指摘される。


 愛人撃退ビジネスの核心部分は、婚姻を守るという点にあり、依頼は男女からともにあるという。愛人からの攻撃をかわしながら、できるだけ穏便に別れを演出する。その報酬は、高いもので20万元(約330万円)以上にもなるという。


 まるで、交通事故を起こしたときの保険会社のようにも聞こえるが、別れが金で解決できるのであれば、かえってこうした風潮は助長されるのではないだろうか。

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
中国のまとめ写真 愛人のまとめ写真 会社のまとめ写真 演出のまとめ写真

「中国」をもっと詳しく

注目ニュース
韓国の死刑囚、「殺人鬼」と書いた記者を名誉毀損で告訴=ネットから猛批判「『殺人鬼』では不足」「殺人犯に人権を保障する必要はない」 Record China6月25日(日)19時0分
2017年6月22日、韓国で小学生を誘拐・殺害した罪で死刑宣告を受けた男が、地方新聞社の記者を名誉毀損(きそん)で訴えていたことが明らかに…[ 記事全文 ]
日本人が中国をうらやむ6つのこと—中国ネット Record China6月25日(日)11時30分
2017年6月24日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「日本人が中国についてうらやんでいること」について紹介する記事が掲載された。[ 記事全文 ]
日本人って不思議だなぁ・・・中国人から見て難解な日本の文化=中国報道 サーチナ6月24日(土)22時12分
日本人から見ると、中国人の「メンツ」を重要視する文化は不思議に思う部分も多々あるものの、中国人から見れば日本にも不思議な文化は数多く存在す…[ 記事全文 ]
中国・習近平主席、就任後初の香港訪問へ TBS6月25日(日)18時4分
中国国営の新華社通信は25日、習近平国家主席が来月1日の香港返還20年の記念式典に出席するため、香港を訪問すると報じました。[ 記事全文 ]
「生活の質ランキング」で日本がアジアトップを記録!韓国はまさかの結果に… Record China6月23日(金)23時30分
2017年6月23日、韓国・京郷新聞によると、世界128カ国を対象に調査した「人生を選択できる自由」ランキングで、韓国が114位と低位だっ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア