登山家の栗城史多さんの死、中国でも反響=「尊敬に値する」

5月22日(火)11時20分 Record China

21日、新浪体育の微博アカウントは、世界最高峰のエベレスト登頂を目指していた栗城史多さんが遺体で発見されたと報じた。資料写真。写真はエベレスト。

写真を拡大

2018年5月21日、世界最高峰のエベレスト登頂を目指していた栗城史多(くりきのぶかず)さんが遺体で発見されたことが、中国でも注目を集めている。

新浪体育の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは動画を掲載。栗城さんがこれまでに何度もエベレスト登頂にチャレンジしてきたこと、4度目のチャレンジだった2012年10月には下山時に重度の凍傷を負い、右手親指を除く手指全ての第2関節より上を切断したこと、負傷後の14年に中国とパキスタンの国境にある標高8047メートルのブロードピーク登頂に成功した際に「諦めないでよかった」と涙を流したこと、そして、遺体で発見された前日の5月20日に標高7400メートル前後の地点から発信された「エベレストの苦しみと困難を感じ、感謝しながら登っています」という音声メッセージを紹介している。

大学時代に登山を始めた栗城さんは6大陸の最高峰を登頂。今回は8度目のエベレスト登頂にチャレンジ中だったが、21日に体調不良で登頂を断念して下山中に連絡が途絶え、標高7000メートル付近で捜索隊が遺体を発見したという。死因は低体温症だった。

中国のネットユーザーは「敬意を示す」「自らの理想を追求する人はみんな尊敬に値する」「自分を一番大好きな場所にとどめたまま亡くなったんだね」「最期は(大好きな)山の一部になり、一体化したんだな」など、追悼のメッセージとともに、何かに夢中になること、理想を追求すること、信念や信仰を持ち続けることへの敬意を示すコメントを数多く寄せている。

一方で「ここまで執着することが理解できない」「精神はたたえるが、彼には家族がいないのだろうか。家族はどれだけつらいことか」と、周囲の人に思いを馳せる感想も見られた。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「登山」をもっと詳しく

「登山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ