フィリピンは南シナ海での米国の「戦略的混乱」よりも中国の投資を好む—中国メディア

5月24日(金)0時50分 Record China

22日、フィリピンのロクシン外相はこのほど、米国が南シナ海で投射している「戦略的混乱」がフィリピンが中国との関係を深めるのを促していると述べた。資料写真。

写真を拡大

2019年5月22日、中国メディアの参考消息網によると、フィリピンのロクシン外相はこのほど、米国が南シナ海で投射している「戦略的混乱」がフィリピンが中国との関係を深めるのを促していると述べた。

米ブルームバーグの報道を引用して伝えたもので、ロクシン外相はこのほど、マニラで取材に応じ、「中国が申し出ている戦略的パートナーシップは、米国による戦略的混乱よりも魅力的だ」と述べた。

ロクシン外相は「ドゥテルテ大統領は、米国が南シナ海問題で明確な立場を示さない限り、中国からの融資や投資の申し出の方を好む」「ドゥテルテ大統領は、任期の残り3年間で中国との関係をさらに強化することを計画している。マニラと北京との友好関係が、インフラ資金や貿易取引、投資をもたらしている」などとした上で、「米国との防衛条約は、中国との経済関係の拡大や深化を妨げるものではない」と指摘したという。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ