日米貿易交渉で「時代錯誤」の自動車輸出規制がくすぶる理由

5月27日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo:AFP=JIJI

写真を拡大


 来日したトランプ米大統領と安倍首相の首脳会談が27日に行われる。“決裂”した米中貿易協議や膠着状態の北朝鮮非核化問題を念頭に「日米の連携」をアピールする狙いだが、そのためには、日米間の懸案の自動車と農畜産物の貿易問題で日米がどう折り合えるかがポイントだ。


 だが、合意までには日米間で隔たりがあるといわれる中で、30年前のデジャブのような風景が漂う。


“浮上”した自動車輸出規制

日本は「打ち消し」に懸命


 大統領の来日を控えて、日本の通商担当者に“衝撃”が走ったのは15日のことだ。


 米国が検討していた輸入車や自動車部品への「25%追加関税」の判断期限を最大6ヵ月延ばす代わりに、トランプ大統領が日本や欧州と自動車対米輸出規制を合意するよう指示を出したと報じられた。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「日米」をもっと詳しく

「日米」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ