墜落したばかりのF-35、日本はまた105機購入へ—中国メディア

5月28日(火)10時20分 Record China

27日、中国メディアの観察者網は、「墜落したばかりのF-35、日本はまた105機購入へ」とする記事を掲載した。写真はF-35。

写真を拡大

2019年5月27日、中国メディアの観察者網は、「墜落したばかりのF-35、日本はまた105機購入へ」とする記事を掲載した。

記事はまず、ロシアメディアRTの27日付報道を引用し、訪日中のトランプ米大統領が、安倍首相との会談後の共同記者会見で、日本政府が米国製最新鋭ステルス戦闘機F-35を105機購入すると発表したことを伝えた。トランプ氏は「これにより、日本は米同盟国の中で最大のF-35部隊を擁することになる」と述べたという。

そして記事は、「日本は昨年12月、新しい防衛計画の大綱を発表し、F-35を105機追加購入することを明らかにした。日本のF-35は、この105機(うち42機は短距離離陸・垂直着陸が可能なF-35B)を加えると、計147機(うち1機は墜落)態勢となる」とし、墜落した1機について「今年4月9日、航空自衛隊三沢基地所属のF-35A戦闘機1機が三沢基地の東、約135キロの太平洋上空で訓練中に墜落した。1カ月に及ぶ捜索で発見できたのは損傷著しいフライトレコーダーだけで、機体の大部分とパイロットは依然行方不明だ」などと伝えた。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「墜落」をもっと詳しく

「墜落」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ