中国初の水素だけで走る列車が完成、排出するCO2はゼロ―中国メディア

2024年5月31日(金)6時30分 Record China

水素で走り、排出するのは水蒸気だけという中国初の列車がこのほど、吉林省長春市で完成した。

写真を拡大

水素で走り、排出するのは水蒸気だけという中国初の列車がこのほど、吉林省長春市で完成した。同列車は、添乗員付き自動運転を実現しているほか、化石燃料も電気も使わず、二酸化炭素の排出はゼロで、速度はなんと最高時速160キロとなっている。



中車長客の整備工場に入ると、SFの世界に出て来るような、近未来感あふれる列車が目に飛び込んでくる。中車長客が研究開発した中国初の水素で走るこの列車の試験走行が最近完了した。これは水素エネルギーの鉄道交通の分野における応用が画期的な成果を収めたことを示している。



中車長客の設計部門の責任者・尹航(イン・ハン)さんは、「当社の技術は世界的最先端レベルにあると言える」と笑顔で話す。尹さんによると、「水素で走る列車は、スピードが速く、輸送量が大きく、安全で、スマートという特徴がある。都市部で走る列車に求められる『高速で運行でき、加速がスムーズで、制動距離が短く、乗客がスムーズに乗り降りでき、快適度も高い』といった条件を満たしている。また、水素で走る列車には、クリーンで環境に優しく、運営・メンテナンスが簡単で、建設周期が短いといったメリットもあり、たくさんのスマート最先端技術が採用されており、乗務員と乗客の快適度も高い」という。!<1375232>



さらに、「列車には、『水素エネルギー+エネルギー貯蔵』動力システムと水素・電気混動エネルギーを管理できる制御システムが採用されており、その『ダブルシステム』と車両全体の制御が高度に連携し、エネルギーの利用効率が大幅に高まり、環境保護指数も100点満点だ。容量が変わらないことを前提に、貯蔵エネルギー電池の大きさも少しずつ小さくなると、列車の負担も軽減し、列車の走行スピードはさらに速くなるだろう」としている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

「中国」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ