ルイ王子お披露目時のキャサリン妃を再現 豪・人気ブロガーの投稿に「これこそリアル」

6月2日(土)11時0分 Techinsight

出産したばかりの女性、キャサリン妃の第3子お披露目を真似る(画像は『constanceandtribe 2018年5月30日付Instagram「Oh god Kate... the things they expect of us royals.」』のスクリーンショット)

写真を拡大

4月23日、第3子となるルイ王子を出産した英王室のキャサリン妃。産後7時間というスピード退院だったにもかかわらず、完璧な装いで病院前に姿を現し笑顔で手を振る妃の姿には、世界中が驚嘆した。しかし、そんなキャサリン妃のまばゆい美しさがいかに現実離れしたものであるかを象徴した画像がInstagramに登場し、話題を呼んでいる。

「ジェニー・パッカム」の赤いドレスに「ジャンヴィト・ロッシ (Gianvito Rossi)」のパンプスを合わせ、「セント・メアリーズ病院」の特別病棟「リンド・ウィング」玄関口に現れたキャサリン妃。トレードマークのボリューミーな髪をなびかせながら、大勢の人たちに笑顔で手を振る姿には「産後7時間とは思えない美しさ!」「ハイヒールなんて信じられない!」と世界中から驚きと称賛の声があがったものだ。

しかしこれはキャサリン妃が世界中の注目を集めるロイヤルメンバーだからであり、専属美容チームのサポートがあってのこと。美容師のアマンダさんやスタイリストのナターシャさんらから成る「グラム・スクワッド(Glam Squad)」と呼ばれるお助け隊のヘルプなしにはあり得ないことだ。

キャサリン妃の美しさには多くの称賛が集まったが、同時に現実離れした完璧さには「自分の産後の惨めな姿とのギャップに悲しくなった」「産後直後でもこうでなくちゃいけないの?」と嘆く女性が多数現れたのも事実だ。

そんななか自身の産後間もないリアルな姿を公開し、世の女性たちの共感を呼んでいるのが、オーストラリア・パース在住の人気ブロガーであるコンスタンス・ホールさん(Constance Hall)だ。5月28日に第5子となる男児を出産したばかりのコンスタンスさんは、ルイ王子お披露目時のキャサリン妃を真似た画像をInstagramに投稿した。

キャサリン妃同様赤いドレスを着ているが、髪はボサボサ、足元は産後のむくみを解消すべく着圧ソックスを履いているコンスタンスさん。大きなタトゥーが目立つ左腕は生まれたばかりの男児を抱きかかえており、どうやら授乳中のようである。

「あぁ、ケイト。私たち王室の人間に寄せられる期待の大きさと言ったら…あなたの気持ち、すごくよーくわかるわ」とジョークを綴ったコンスタンスさんには、「面白すぎる!」「今週一番笑った画像だよ! ありがとう」と彼女のユーモアを称えるコメントが数多く寄せられた。

なかには「これこそが産後間もない女性のリアルな姿」「あなたは世の女性たちに自信を与えてくれたわ」「素顔が一番。あなたこそ本当の“クイーン”よ!」など、ありのままの飾らない姿を公開したコンスタンスさんに共感する声も多く見られた。

ちなみにコンスタンスさんは、第5子にヒンディー語で「国王」という意味を持つ「ラジャ(Raja)」と命名。キャサリン妃の夫で、王位継承権第2位のウィリアム王子を意識してのことか否かは定かではない。

画像は『constanceandtribe 2018年5月30日付Instagram「Oh god Kate... the things they expect of us royals.」』のスクリーンショット

Techinsight

「キャサリン妃」をもっと詳しく

「キャサリン妃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ