「国宝級」ピアニストのラン・ランが結婚!独韓ハーフの美人ピアニストと結婚写真も

6月3日(月)11時10分 Record China

2日、中国出身のピアニストのラン・ランが、ドイツと韓国のハーフの女性ピアニスト、ジーナ・アリスとの結婚を発表。仏ヴェルサイユ宮殿で結婚式とお披露目のパーティーを開催した。

写真を拡大

2019年6月2日、中国出身のピアニストのラン・ラン(郎朗)が、ドイツと韓国のハーフの女性ピアニスト、ジーナ・アリスとの結婚を発表。仏ヴェルサイユ宮殿で結婚式とお披露目のパーティーを開催した。

中国の国宝級ピアニストのラン・ランが2日、中国版ツイッターで結婚写真を公開。自身より12歳年下で、24歳のピアニストのジーナ・アリスとの結婚を明らかにした。

中国メディアによるとジーナ・アリスは1994年、ドイツのヴィースバーデンで生まれたドイツと韓国のハーフ。4歳でピアノを始め、3年後にはドイツ音楽大学のイリーナ・エーデルシュタイン教授に師事。10歳の頃にはすでにその才能が注目され、ラン・ランと同じく著名ピアニストのゲイリー・グラフマンにも師事している。2016年以降、中国でもリサイタルを開催しており、杭州市で先月開催されたピアノコンクールの「ラン・ラン杯」にも参加していた。

ラン・ランとは数年前にドイツで知り合い、同門の先輩・後輩としての交流から、交際に発展したとのこと。英語やドイツ語、韓国語のほかに中国語も堪能というジーナ・アリスだが、公開された結婚写真の中の美しい姿に、ネットユーザーも驚きの声を上げている。(Mathilda)

Record China

「ピアニスト」をもっと詳しく

「ピアニスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ