韓国教育部が竹島訪問計画を急きょ中止に、「屈辱外交」と批判の声も

6月4日(火)15時50分 Record China

3日、韓国・ニューシスによると、韓国教育部が日本からの3・1独立運動および臨時政府樹立から100年を迎えたことを記念し、日本の「歴史歪曲(わいきょく)」を批判するため推進していた竹島訪問計画が急きょ延期された。写真は竹島。

写真を拡大

2019年6月3日、韓国・ニューシスによると、韓国教育部が日本からの3・1独立運動および臨時政府樹立から100年を迎えたことを記念し、日本の「歴史歪曲(わいきょく)」を批判するため推進していた竹島訪問計画が急きょ延期された。

教育部の発表では、韓国全国の市・道副教育監らは今月3日から2泊3日の日程で竹島を訪問し、日本が竹島の領有権を主張する内容の小学校教科書の検定結果を発表したことを糾弾する大会を開催する予定だった。日本の発表を受け、同部は報道官名義の声明で遺憾を示し、是正を要求していた。

ところがこの計画は先月末に急きょ延期となった。理由について記事は「韓国政府が今月末に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)サミットを機に日韓首脳会談の開催を調整しているため、敏感なイベントは控えようとの趣旨だ」と伝えている。

これに対し一部からは「屈辱外交だ」と批判する声が上がっているというが、同部のキム・ソングン学校政策室長は「外交部からはG20サミットの日程について通知を受けただけ」とし、「政府部処の主要政策責任者として、国益のために延期を決めた。日韓関係がよくない状況で首脳会談開催が推進されているため、韓国政府が二つの立場を示すという事態を避けるための決定だ」と説明した。

同部は8月15日の光復節(日本からの解放記念日)前後を目標に、今回中止となった計画を再び推進する考えを示しているという。

これに、韓国のネットユーザーからは「韓国の歴史を正しく教えることが仕事の教育部が独島(日本名:竹島)訪問を中止するなんて許せない。そんなんだから日本が好き勝手に振る舞うんだ」「親日派政府」「現政権は日本にも北朝鮮にも弱気だ。経済だけでなく外交まで台無しにするつもり?」「そんな…。いまだに日本がそんなに怖いの?」「韓国の領土に行くのに外国の目を気にしなければならない現実が悲しい」など、計画の延期に批判的な声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ