シャオミ「SU7」、北京など10都市で最も売れた価格20万元超のバッテリー電気乗用車に―中国

2024年6月5日(水)5時0分 Record China

中国家電・スマホ大手の小米が3月28日に発売した同社初のバッテリー電気自動車「SU7」が、北京や深センなど10都市で最も売れた価格20万元超のバッテリー電気乗用車になった。

写真を拡大

中国家電・スマホ大手の小米(シャオミ)が3月28日に発売した同社初のバッテリー電気自動車(BEV)「SU7」が、北京や深センなど10都市で最も売れた価格20万元(約430万円)超のバッテリー電気乗用車になった。中国メディアの快科技が3日、報じた。



主要28都市における4月の価格20万元超のバッテリー電気乗用車の販売台数ランキングで、SU7は北京、深セン、青島、鄭州、アモイ、東莞、仏山、天津、瀋陽、太原の10都市でトップとなった。SU7の単月の販売台数は、北京では1260台、深センでは930台。価格20万元超のバッテリー電気乗用車におけるSU7のシェアは、北京では29.0%、深センでは31.0%。杭州、広州、武漢、南京、西安、長沙、無錫、南昌、福州、昆明、海口の11都市では2位となり、成都、重慶、蘇州、合肥の4都市では3位だった。



SU7の標準モデルはフル充電時の航続距離が中国独自のCLTCモードで700キロ(バッテリー容量73.6kWh)、価格21万5900元(約464万円)。上位グレードの「Pro」は航続距離830キロ(バッテリー容量94.3kWh)、価格24万5900元(約529万円)。「Max」は航続距離800キロ(バッテリー容量101kWh)、価格29万9900元(約645万円)。



SU7は発売から30分足らずで受注台数が5万台を超えたことが伝えられ、話題になった。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「バッテリー」をもっと詳しく

「バッテリー」のニュース

「バッテリー」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ