大学卒業生の起業率、中国は韓国の10倍—中国メディア

6月7日(金)7時50分 Record China

4日、中国紙・環球時報は、韓国メディアの報道を引用し、中国の大学卒業生の起業率が韓国の10倍に達することが分かったと報じた。写真は中国・北京の中関村にある「起業ストリート」。

写真を拡大

2019年6月4日、中国紙・環球時報は、聯合ニュースや亜洲経済など韓国メディアの報道を引用し、中国の大学卒業生の起業率が韓国の10倍に達することが分かったと報じた。

韓国貿易協会国際貿易研究院が発表した「韓中大学生起業生態系比較研究」によると、昨年の中国の大学卒業生の起業率は8.0%だったのに対し、韓国は0.8%にとどまった。起業意欲がある大学生は、中国が89.8%、韓国が17.4%で、5倍以上の差があった。

聯合ニュースは、「中国で最近、ユニコーン企業(設立10年以内、評価額10億ドル以上)が急増し、大学生の間でも起業に対する関心が大きくなっている」とし、「今年1月現在、世界のユニコーン企業310社のうち、中国企業は80社だったのに対し、韓国企業はわずか6社。その主因は、政府への依存度が高い韓国のスタートアップとは異なり、中国ではスタートアップを育成する民間創業ファンドが活発に造成され、韓国と中国の大学生の間での起業に対する認識も大きく異なる。中国では清華大や北京大など高等教育機関に起業を支援するさまざまな民間創業ファンドがある」などと伝えている。

亜洲経済も「韓国の大学生が公務員試験の準備に没頭する中、中国の大学生の多くが起業の準備をしている」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ