米国が提示した米韓首脳会談の議題、韓国にとっては「大きな負担」?

6月12日(水)22時0分 Record China

12日、韓国・朝鮮日報は「米国が米韓首脳会談を前に、韓国にとって負担の大きい三つの議題を提示した」と伝えた。写真は韓国大統領府。

写真を拡大

2019年6月12日、韓国・朝鮮日報は「米国が米韓首脳会談を前に、韓国にとって負担の大きい三つの議題を提示した」と伝えた。

記事によると、米国務省は10日(現地時間)、今月末に相次いで開催される20カ国・地域(G20)会議や米韓首脳会談で「北朝鮮の最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)」「米韓同盟」「日米韓の協力強化」について議論すると発表した。これについて記事は「ドナルド・トランプ大統領が訪韓を前に、米韓間の敏感な三つの懸案を解決課題として投げかけたもの」と説明している。

また米国務省同日、シンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談から1年が過ぎたことに関連し「(北朝鮮問題は)つねに屈曲している」と述べ、交渉のこう着状態がしばらく続く可能性を示唆した。一方、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特使は同日、「トランプ大統領が訪韓する前に南北首脳会談を開催しなければならない」とし、北朝鮮に対し「決断する時だ」と促した。

米国務省のモーガン・オータガス報道官も同日の定例会見で、G20会議で日米の首脳が会談することに言及し「北朝鮮のFFVDを調整し、日米韓協力を強化する案を議論する」と発表した。その上で「(その後に開かれる米韓首脳会談では)米韓同盟の強化と北朝鮮のFFVDを達成するための緊密な協力、努力を続ける」と述べた。これについて記事は「米国が北朝鮮問題だけでなく、冷え切った日韓関係の改善にも積極的に介入する考えを示したもの」と説明している。

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは「なぜこれが負担になる?。全て当然のこと」「韓国にとってではなく、北朝鮮好きの文政権にとって負担が大きいんでしょ?。韓国国民は全員、その三つの議題に共感する」などと指摘する声が上がっている。

その他にも、多くのネットユーザーが文政権の「北朝鮮寄り」の政策に対して不満を示しており、「現政権を正常な状態に戻せるのは米国だけ」「会ってほしいと言った韓国は全て受け入れるべき。そうでなければ米国が訪韓を取り消すかも」「その三つの課題を文大統領が放棄したら、米国と韓国国民は文政権を交代させるために動き出さなければならない」などと訴えている。(翻訳・編集/堂本)

Record China

「首脳会談」をもっと詳しく

「首脳会談」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ