バラバラ殺人が起きた別荘を1億円余りで落札、中国ネットからは素朴な疑問が…

6月13日(水)1時30分 Record China

12日、7年前にバラバラ殺人事件が起きた江蘇省南京市の別荘が786万元で落札された。このニュースに中国のネットユーザーが反応を示している。

写真を拡大

2018年6月12日、7年前にバラバラ殺人事件が起きた江蘇省南京市の別荘が786万元(約1億3500万円)で落札された。このニュースに中国のネットユーザーが反応を示している。

法制網によると、この別荘の車庫では11年2月、夫と共謀して保険金詐欺を働いた女とその父親が夫を殺害し、遺体を切断して付近の山に遺棄するという事件が起きている。競売にかけられるのは今回が4回目で、ネット上で11日午前10時に435万元(約7500万円)からスタート。物件の市場価格は1200万元(約2億円)を超えるが、過去の事件を考慮して評価額は618万元(約1億600万円)とされていた。競売には22人が参加したそうだ。

「物件落札」のニュースに中国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せており、「勇気ある」「それだけのお金があれば150平米以上の新築が買えるのに」といった書き込みや、今後の使い道についてあれこれ推測するネットユーザーも見られた。(翻訳・編集/野谷)

Record China

「殺人」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「殺人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ