終活支度はシモから始める? VIO脱毛のすすめ

6月14日(木)18時5分 ニューズウィーク日本版

<シニア層で踏み切る人が増えているVIO脱毛。おしゃれだけじゃない、そのリアルな実用性に迫る>

海外、特にアメリカではセレブだけでなく、一般人にとっても常識のお手入れになっているのがVIO脱毛。アルファベットの形状そのままに、「V」はビキニライン、「I」は性器周辺、「O」は肛門周りを表している。アンダーヘアを処理することで、露出度の高い水着も堂々と着こなせるようになるが、利点は見た目だけではない。健康面でのメリットを理由に、若年層だけでなく、中高年が脱毛サロンに駆け込むケースも目立っている。

ムレを軽減。性器周りの乾燥もコントロールが容易に

VIO脱毛による利点は、何より衛生的であることが挙げられる。デリケートゾーンのムレが軽減されるという話はよく耳にするだろう。拭き残しや、残留物が毛に絡むといったことがなくなると、下着の汚れや臭いも大幅に軽減。将来の介護生活を見据えて、下のお世話をしてもらいやすいようにと、シニア層でVIO脱毛に踏み切る人が昨今増えているという。

さらに女性は、加齢とともに性器周辺の肌も乾燥が進む。かゆみの原因が、真菌や細菌によるものでないならば、乾燥を疑うべきだろう。その場合、保湿するにも毛が絡まるようだとケアはしづらく、そのほとんどが下着に吸収されてしまうといった難点がある。

全剃りではなく、「V」ラインにデザインを残す

ただし、脱毛する際にはそのデザインに注意が必要だ。実際、VIO脱毛とひと言で言っても、さまざまな形状がある。分別のある大人なら、「V」は毛並みを揃える程度で「I」と「O」周りを除去するナチュラルなタイプか、性器の周辺を細長のスクエア型にカットするなど、アンダーヘアを残したデザインを選ぶのが賢明だろう。

というのも、20代を中心に人気がある、全剃りの通称「ハイジニーナ」になると、逆にリスクが高まるからだ。ヴァネッサ・マッカイ博士は、陰毛は病原菌が膣に入るのを防ぐために不可欠だと指摘。天然のスポンジとして作用する陰毛は、デリケートゾーンの水分をコントロールすることで、カンジダなどの菌が発症するリスクを下げるという。



さらに神経科学者のリンデン博士の説によると、毛むくじゃらの皮膚の下には特別なアセスメントセンサーがあるという。陰毛を除去することによって、大切な感覚の領域を奪うことになりかねないと論じている。

デメリットはさておき、ハイジニーナだと、温泉に入るときに周囲の目が気になったりと後悔することもあり得るだろう。実際、ハイジニーナ代表のセレブ、キム・カーダシアンは、「少しくらい残しておけばよかった......」という迷言(?)を残している。

思い切ってVIO脱毛に挑戦するならば、まずは効果が一時的なブラジリアンワックスを一度試してみて、自分に合ったデザインを確認し、気に入れば医療機関によるレーザー施術で永久脱毛をするといった手順を踏むのが無難だろう。その際、くれぐれも信頼のおけるクリニックを選ぶことをお忘れなく。


有元えり

ニューズウィーク日本版

「脱毛」をもっと詳しく

「脱毛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ