中国の再生可能エネルギー発電量が全体の26.7%占める—中国メディア

6月14日(金)6時30分 Record China

中国の再生可能エネルギーの利用レベルが向上し続け、2018年の再生可能エネルギー発電量は1億8700万kWhに上り、発電量全体の26.7%を占めたことが明らかになった。写真は太陽光発電。

写真を拡大

11日に深セン市で開催された第4回東アジアサミットクリーンエネルギーフォーラムで発表された情報によると、中国の再生可能エネルギーの利用レベルが向上し続け、2018年の再生可能エネルギー発電量は1億8700万kWhに上り、発電量全体の26.7%を占めたことが明らかになった。新華社が伝えた。

国家能源局(エネルギー局)の李冶(リー・イエ)監督管理総監はあいさつの中で、上記のデータを明らかにした。李氏によると、この1億8700万kWhに原発を加えるならば、非化石エネルギー全体の発電量は2億2000万kWh以上に達し、発電量全体の30%以上を占める計算になる。

また、中国の再生可能エネルギー発電の設備容量が拡大を続けており、2018年末現在では7億2800万kWに上り、全体の約38.3%を占めた。さらに再生可能エネルギーの経済性の改善が続き、風力発電と太陽光発電のコストが大幅に下がっている。

風力発電と太陽光発電が現在、再生可能エネルギーの発展をけん引している。水力発電水利計画設計総院の鄭声安(ジョン・ションアン)院長がフォーラムで発表したデータによると、2018年の風力発電新規設備容量は2059万kW、太陽光発電は4426万kWで、その合計は再生可能エネルギー新設設備容量の85.3%を占める。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ