中国のフナチョウザメの人工繁殖生存率が初の60%超え

2024年6月14日(金)10時50分 Record China

中国のフナチョウザメの人工繁殖生存率が初めて60%を超えました。

写真を拡大

フナチョウザメ(学術名:Acipenser nudiventris)の野生個体群は「国際自然保護連合絶滅危惧種レッドリスト」に登録されている極めて希少なチョウザメの一種で、中国では現在、新疆ウイグル自治区のイリ川流域のみに生息しています。現在はフナチョウザメの排卵に最も適した時期であり、新疆イリ・カザフ自治州鞏留県のチョウザメ養殖基地では、技術者がフナチョウザメから約8万粒の受精卵を採取し、その生存率が初めて60%を超えました。



ここ数日、これら8万粒の受精卵が次々と膜を破って稚魚に孵化しており、研究者たちはその孵化と成長を見守っています。



新疆水産科学技術研究センターでは2007年から雄5匹、雌6匹のフナチョウザメの親魚11匹を飼育しており、2020年に初めてフナチョウザメから受精卵を採集し、野生のフナチョウザメの人工繁殖を実現したものの、受精卵の生存率は30%から40%しかありませんでした。繁殖技術の向上に伴い、今年採取した8万粒の受精卵の成長状況は例年よりも良好で、研究センターの責任者によると、今年の生存率は60%以上に達するとのことです。計画では約3万〜4万匹の稚魚が誕生する予定で、今年9〜10月には、初めてイリ川でのフナチョウザメの放流を行う予定です。(提供/CRI)

Record China

「チョウ」をもっと詳しく

「チョウ」のニュース

「チョウ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ