大韓航空が世界最悪の航空会社?韓国で「納得できない」の声

6月15日(金)22時30分 Record China

15日、韓国・ニューシスによると、世界の航空会社を対象にしたランキングで、大韓航空が「最悪な航空会社10社」の1社に選ばれた。写真は大韓航空機。

写真を拡大

2018年6月15日、韓国・ニューシスによると、世界の航空会社を対象にしたランキングで、大韓航空が「最悪な航空会社10社」の1社に選ばれた。

航空機の遅延や欠陥があった際に乗客の補償受け取りを支援する米エアヘルプがこのほど発表した2018年の評価報告書で、大韓航空は72の航空会社のうち66位を記録した。エアヘルプは国際線を運航する世界の航空会社を対象に、定時運航率・サービスの質・クレーム対応を基準に順位を付けた。

大韓航空の順位について、記事は「大韓航空はオーナー一家のパワハラ問題などが波紋を呼んでいるものの、乗務員の機内サービスや定時運航率は世界の航空会社に劣らないという利用客の一般的な評価とはかけ離れている」と指摘している。

また大韓航空も「納得できない」との立場を示しているという。エアヘルプは定時運航率の項目について「各航空便が前四半期にどれほど正確に(定時に)到着したかを評価した」と説明したが、大韓航空は「四半期単位で評価すると、その地域の天候などの条件が考慮されないため、評価基準として適切でない」と反論している。

さらに大韓航空は、エアヘルプの「公信力の低さ」も指摘。「評価機関として認知度が低い上、評価が始まって間もないため(16年に始まった)、基準や結果の信頼性が十分でない」と主張している。

記事は「実際に大韓航空は今年4月、世界最大のオンライン旅行情報サイト・トリップアドバイザーが毎年選定している『世界最高の航空会社10社』のうちの1社に選ばれた」と伝えている。トリップアドバイザーの順位は1年間に航空会社を利用した客の評価を基準にしており、大韓航空はサービス、清潔度、チェックイン・搭乗の項目で最優秀の評価を受けたという。

これを受け、韓国のネットユーザーからも「他の航空会社に比べると、大韓航空は悪くない」「オーナー一家は憎たらしいけど、66位はない」などエアヘルプの評価に疑問の声が寄せられている。
一方で「オーナー一家を見れば最低な企業ということが分かる」「大韓空港のエコノミーの機内食がひどいのは事実」と理解を示す声も。

その他「韓国経済が少しずつ崩れている気がする」と懸念する声や、「航空会社は大韓航空より断然ANA!」と主張する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

Record China

「航空会社」をもっと詳しく

「航空会社」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ