サッカーW杯、韓国に厳しい評価=韓国ネット「出場できないよりはまし」「確かに期待していない」

6月15日(金)6時30分 Record China

13日、韓国メディア・ノーカットニュースによると、米メディア・ヤフースポーツが、ロシアW杯1次リーグの全48試合を注目度で順位づけしたランキングを発表した。韓国が出場する試合は軒並み下位圏だった。資料写真。

写真を拡大

2018年6月13日、 韓国メディア・ノーカットニュースは、米メディア・ヤフースポーツが発表したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグ全48試合の注目度ランキングを紹介した。このランキングでは、韓国の試合は軒並み下位圏で、中でもスウェーデン戦は「最も興味が持てない試合」に選ばれたという。

記事によると、同ランキングで韓国の試合は、1次リーグ第2戦のメキシコ戦が36位、最終戦のドイツ戦が39位、第1戦のスウェーデン戦は最下位の48位だった。同メディアはこの順位について、メキシコ戦は「忙しくなければ見る試合」、W杯チャンピオンのドイツ戦は「結果は火を見るより明らか」、スウェーデン戦は「特徴のない試合である上に(米国時間で)午前8時開始。観戦するくらいならもっと寝ている方がまし」と解説したという。

これについて記事は、「韓国とスウェーデンはF組の最下位候補なだけに、米メディアの視点ではつまらない試合とされることも有り得る。その上、米国は今回、W杯には出場しないため、傍観者の立場」と指摘し、「韓国にとっては、負けるとベスト16進出が困難になるスウェーデンとの第1戦が最も重要」と位置付けている。

さらに、同メディアが「世界最高の選手、クリスティアーノ・ロナウド対世界最高のチーム、スペインという構図も面白く、本当に見逃してはならない試合だ」としてB組第1戦のスペイン対ポルトガルの試合を1位に選んだことも紹介し、米国のメディアからの注目度が低い中、韓国が「反乱」を起こすことができるか見守りたいと結んだ。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「W杯に出場もできないのに」「他人の国の試合なんて見なくて結構。寝てください」「少なくともW杯に出てからそういう評価をするべき」「いくら弱くても、出場できないよりはまし」「私もスーパーボウルは見ないよ」と、同ランキングを発表した米メディアを批判する書込みが多く集まった。一方で「それは当然の評価だろう」「確かに、認める」「今回は全然期待していない」と、納得する声も寄せられた。(翻訳・編集/半田)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ