高須院長 米朝会談を分析「トランプは損得で動いた」

6月15日(金)7時0分 NEWSポストセブン

米朝会談を高須院長が分析「まあ、こんなもんだ」

写真を拡大

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に対して、自由気ままに提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、米朝首脳会談についてうかがいました。


 * * *

──ついに6月12日に、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談がシンガポールで開催されました。


高須:ここにくるまで、駆け引きというか、北朝鮮側が“ダメ元”でゴネてみたというか、いろいろあったけど、ひとまず一歩進んだという感じだね。


──トランプ大統領と金正恩委員長は会談後、共同声明に署名しましたが、そこには北朝鮮の完全非核化についての合意はありませんでした。


高須:米朝会談が実現したというだけで、実際問題としては何も決まっていないわけだ。一応、トランプ大統領は金正恩に完全な非核化を約束させたということになっているけど、共同声明に入っていないのであれば、そんなもの何もないのと同じ。そもそも、北朝鮮は今回初めて国際舞台に出てきたようなものだ。つまり、北朝鮮には信用というものが一切ない状態なんだよ。口約束なんて信じられるわけがない。よっぽど具体的に話が進み出さない限りは、疑ってかかるべきだと思うね。


──もうちょっと具体的な成果が欲しかったような気もしますが…。


高須:まあ、初めての米朝会談なわけだから、そこは仕方ないところもあると思う。金正恩だって、本格的な国際舞台に出てくるのが初めてで、ものすごく緊張していたと思うけど、意外と上手くやったほうじゃないの? ヘタ打って、取り返しのつかないようなことにならなかっただけでも、マシだったのかもね(笑い)。


 そもそもトランプ大統領だって、今回の会談をアメリカ国内の11月の中間選挙のために利用している側面もあるんだよ。北朝鮮の非核化をガチで狙いに行って、どっちに転ぶかわからない危険な会談をするよりは、史上初の米朝会談という快挙をアメリカ国内にアピールすることで、支持率を上げたかった。交渉が決裂したらすべてがおじゃんだからね。トランプ大統領も安全策を狙っていったのは間違いない。


 そういう意味では今回の会談はただ単に「実現したことに意義がある」といったようなものなんだろうね。拍子抜けの部分もあるけど、まあ、こんなもんだ。


──その一方でトランプ大統領は、北朝鮮に対する安全の保証を与えると約束しています。


高須:その点については、金正恩側が優位に事を進めた印象だね。でも、トランプ大統領はビジネスマンだから。勝ち負けで考える部分もあれば、そこを度外視して損得で考えている部分もある。北朝鮮への圧力を強めるより、弱めたほうが得だという計算があったんだろうね。


──そして、トランプ大統領は米韓合同演習の中止を表明しました。



高須:トランプさんはもともと米韓合同演習はお金がかかると指摘していたわけで、むしろやめたがっていた部分も大きいんだよ。今回の米朝会談で北朝鮮との距離が縮まったことで、米韓合同演習を中止するいい理由ができた。ビジネスマンであるトランプ大統領にしてみれば、大幅にコストカットができるチャンスだったんだろうね。


 でも、考えてみれば、トランプ大統領は北朝鮮のことをあんまり怖がっていないのかもな。もしも、本当に北朝鮮を恐れているのであれば、この段階で圧力を弱めるということはないと思う。なんとなく金正恩の交渉力が印象に残った会談だったけど、なんだかんだで主導権を握っていたのはトランプ大統領だったんだろうね。手のひらの上で転がされている感じがあるな。


──日本としては、やはり拉致問題解決を望むところですが、トランプ大統領は金正恩院長に対し、拉致問題解決に努めるよう伝えました。


高須:金正恩が本当に今回の会談を成果あるものにしたいのであれば、トランプ大統領の意向を無視することはできない。だからこそ、今後、拉致問題解決に向けて動き出す必要はあると思う。金正恩がそこをちゃんと理解しているのかはわからないけど…。


 日朝首脳会談実現の可能性も高まっているみたいだしね。金正恩だって、一度国際舞台に出てきてしまったら、これまでみたいに嘘ばかりついてはいられないんだよ。やっと、ちゃんとした交渉ができる状態になったわけだから、安倍首相だって拉致問題解決に向けて具体的に動き出したいと思っているだろうね。


 これはトランプ大統領と同じ考え方だけど、外交で結果を出すことで支持率は上がるし、国内の政局も安定するんだよ。そして、安定した政局が、国民のための政治運営をもたらしてくれる。そういう意味でも、ぜひとも日朝首脳会談を実現して、拉致問題を解決してほしい。安倍首相が外交で成果を出すことが、国民にとっての一番の利益なんだから。


 * * *

 米朝首脳会談に対して、冷静に分析する高須院長。日本としては今ひとつの内容だったものの、拉致問題解決に向けて、多少は前進したと言えそう。あとは高須院長が期待するように安倍首相の動き次第だが、果たして…。


【プロフィール】

高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。


昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。著書に『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子氏との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)、『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)など。最新刊は『炎上上等』(扶桑社新書)、『かっちゃんねる Yes! 高須 降臨!』(悟空出版)。

NEWSポストセブン

「トランプ」をもっと詳しく

「トランプ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ