BIGLOBEトップBIGLOBEニュース
国際

ユンソナが息子の暴力騒動のさなかに「今日もいい一日」とSNS投稿=韓国ネットで「この親にしてこの子あり」と厳しい批判収まらず

Record China6月19日(月)11時50分
画像:19日、韓国の女優で日本のテレビ番組でも活躍したユンソナが、小学生の息子が加担したとされる暴力事件で厳しいバッシングに遭っている。資料写真。
写真を拡大
19日、韓国の女優で日本のテレビ番組でも活躍したユンソナが、小学生の息子が加担したとされる暴力事件で厳しいバッシングに遭っている。資料写真。
2017年6月19日、韓国の女優で日本のテレビ番組でも活躍したユンソナが、小学生の息子が加担したとされる暴力事件で厳しいバッシングに遭っている。

発端は16日のSBSテレビの報道だ。ソウルの私立小学校の3年生が参加した合宿で、ある児童が同じクラスの児童4人に足で踏まれたりバットで殴られたりする暴行事件が発生し、加害児童の中には某財閥の子息のほか有名芸能人の息子が含まれていたと報じられた。

放送から間もなく、インターネット上では「有名芸能人」はユンソナだとの情報が広まり、17日にはユンソナ自身が所属事務所を通じてコメントを出した。コメントでユンソナは、「最近の報道された内容に関連しご心配をかけて申し訳ない」「被害児童の両親に直接会って涙を流し謝罪した」と反省の意を示しながらも、「(事件が)悪意を持って編集されて放送された点は遺憾」として、報道された内容は相当な部分で事実と異なると指摘していた。

しかも「暴行」とされた事件の一つ一つを取り上げて訂正、「子ども同士のいたずらだった」として一貫して息子を擁護しようとするユンソナのコメントは、むしろネットユーザーからの非難を呼び起こす火種となってしまった。ネット上では韓国のみならず日本からも厳しい声が寄せられ、韓国では出演中のドラマの降板を求める声も高まっている。

そしてこうした騒動のさなか、ユンソナが自身のインスタグラムに自撮り写真を掲載、「今日もいい一日になると信じてます。ただ感謝しかありません」と、実に平穏な投稿をしていたことも分かった。ソウル経済新聞が「ユンソナはSNS中毒?」と厳しい見出しを付け報じたこの投稿には、「この親にしてこの子ありだね」「今の状況が分かってないみたい」「自撮りをアップしてる場合?」「もう見たくない」「天罰が下るぞ」などバッシングが殺到し、間もなくユンソナのインスタグラムのアカウントは非公開となったという。

悪化する一方の世論を受け、ユンソナは18日、所属事務所を通じ改めて被害児童やその家族、学校や関係者に謝罪するとのコメントを発表、17日のコメントなどを指して「初期の対処が弁明で一貫していた点を反省し、今後の調査に誠実に臨む」とも表明した。このコメントはユンソナの「2度目の謝罪」などと報じられ、世論の軟化を目したものとみられているが、これについてもネットでは「もう終わりだよ」「謝罪にもタイミングというものがある」といった意見がなお大勢のようだ。(編集/吉金)
Copyright 2017 Record China. All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
ユンソナのまとめ写真 暴力のまとめ写真 韓国のまとめ写真

「ユンソナ」をもっと詳しく

注目ニュース
トランプ大統領、最側近バノン首席戦略官を“解任” TBS8月19日(土)6時50分
アメリカのトランプ大統領は、最側近だった保守強硬派のバノン首席戦略官を、事実上解任しました。[ 記事全文 ]
韓流女性アイドル稼業は命懸け!?少女時代が押し寄せたファンに倒され胸触られる、過去には本番中のステージで拉致未遂も Record China8月18日(金)17時20分
2017年8月18日、韓国の人気女性アイドルグループ「少女時代」のテヨンが、インドネシア・ジャカルタ空港で入国時に集まった大勢のファンらに…[ 記事全文 ]
「大規模爆弾テロ」計画か=製造失敗、車突入に転換—スペイン 時事通信8月19日(土)6時55分
【パリ時事】スペイン東部バルセロナとカンブリスで17日に起きた連続車両突入テロで、地元警察当局は18日記者会見し、実行グループが当初、爆発…[ 記事全文 ]
韓国、殴られる女性の横を通行人が素通り、混乱の中で被害者のかばんも盗まれる=ネットには傍観者を理解する声も「変に手出しして殴られても…」 Record China8月18日(金)7時40分
2017年8月16日、韓国・聯合ニュースによると、韓国南西部の都市・光州(クァンジュ)市の路上で、女性が殴られているにもかかわらず通行人が…[ 記事全文 ]
側近バノン氏を事実上解任=保守強硬派、選挙勝利の立役者—トランプ米政権に打撃 時事通信8月19日(土)7時9分
【ワシントン時事】サンダース米大統領報道官は18日、スティーブ・バノン大統領首席戦略官・上級顧問が同日付で辞任すると発表した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア