大阪北部地震、中国人観光客の訪日旅行への影響は?—中国紙

6月20日(水)6時0分 Record China

19日、震度6弱が観測された前日の大阪北部地震について、法制晩報は夏休みの訪日旅行への影響を指摘する声が業界関係者から上がったことを伝えた。資料写真。

写真を拡大

2018年6月19日、震度6弱が観測された前日の大阪北部地震について、法制晩報は夏休みの訪日旅行への影響を指摘する声が業界関係者から上がったことを伝えた。

気象庁の発表によると、18日午前7時58分ごろに起きたこの地震のマグニチュード(M)は6.1(暫定値)で、大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱を観測。また、同日15時現在で震度1以上の地震は15回発生したという。

記事は、中国のオンライン旅行予約最大手の携程(Ctrip)が地震発生後、直ちに日本側と連絡を取って状況把握を急いだことを説明するとともに、「今年に入って日本でM6以上の地震が発生するのはこれが初めてではない」と指摘。18日の地震に対してある業界関係者が「関西地区はもともと人が多く住んでいるエリア。外国人観光客も大勢訪れるため、地震への注目度は高い。さらに18日は中国の端午節連休3日目で旅行のピークでもあった」と話し、「短期的には訪日旅行に影響が出ることが予測される。ただ、自然災害による影響には限りがある上、次の旅行シーズンとなる夏休みまではあと1カ月。夏休み旅行のスタート直後は一部影響が出るだろうが、全ての訪日旅行に影響が及ぶことはないだろう」との見方を示したことを伝えた。(翻訳・編集/野谷)

Record China

「中国人観光客」をもっと詳しく

「中国人観光客」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ