中国の若者の間でメンタル関連の商品・サービスが人気になっているワケは?

2024年6月22日(土)5時0分 Record China

中国の市場では情緒的価値の高い商品がどんどん増え、売り上げを伸ばしている。資料写真。

写真を拡大

幸運を求めて「ラッキースプレー」を購入し、気持ちがふさいでいる時は「樹洞」サービスを購入して、うっぷんを晴らすなど、中国の市場では今、情緒的価値の高い商品がどんどん増え、売り上げを伸ばしている。



北京の大学に通う趙さんは、「期末テスト前に『ラッキースプレー』を買い、試験会場に入る前に寮の同じ部屋の4人全員にスプレーした。『ラッキースプレー』は00後(2000年以降生まれ)の間で流行している。みんな、これは普通の衣類用の芳香スプレーであることは分かっているものの、スプレーすると運が良くなるような気がして、自信がつく」と話す。



何かの役に立つわけではないものの、ユニークな商品を購入する人も少なくない。例えば、新社会人は自分のデスクなどに、財をもたらす神とされる「財神」のキャラクターを飾り、楽しく仕事ができるようにしている。また、ストレス解消のためにモチモチ感あるスクイーズ玩具を購入する人もおり、ショッピングサイト「天猫」では検索回数が前年同期比で125%以上増となっている。



ネット上で愚痴を聞いてくれる人を探したり、オフラインイベントで心の癒しを得ようとしたりする人もいる。例えば、話し相手になってくれる「樹洞」サービスを利用すると、チャットや音声通話を通して、自分の悩みを聞いてもらったり、アドバイスしてもらったりして、ストレスを解消することができる。



では、どんな人が情緒的価値の高い商品やサービスを購入・利用しているのだろう?世界的なコンサルティング大手の米マッキンゼー・アンド・カンパニーが発表した「2024年中国消費動向調査研究」によると、消費者の64%がメンタル関連の消費を重視しており、特に若者がそれを重視している。ショッピングサイト・淘宝のショップ経営者によると、情緒的価値の高い商品やサービスを購入・利用しているのは主に若者だ。



若者の間でメンタル関連の商品が人気になっているワケは?



「仕事のストレスを解消するため」というのが、若者がメンタル関連の商品やサービスを購入・利用する理由の一つとなっている。例えば、上海に住む女性・劉さんは「約1000元(約2万2000円)使って職場のデスクを飾ったので、気分良く仕事ができている。カラーのキーボードを使っているほか、観葉植物はきれいな花に変えた。また、オーダーメイドのテーブルクロスを使い、大切にしている飾り物も並べている」と話す。



癒しや励ましを得たいというのも若者がメンタル関連の商品やサービスを購入・利用する理由の一つだ。勉強や仕事、恋愛、結婚といった面でプレッシャーを抱える若者は、慰めと励ましを必要としているのだ。



専門家は、「『メンタル経済』は『悦己(自己の満足感や幸福感を追求する消費行動)経済』ということができるものの、自分にエールを送ったり、話し相手を求めたりして、最終的に心理的満足感を得るというのがその本質で、その点ではかわいい服やコスメ商品を買うことととは異なる」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

「中国」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ